水城先生は手を出してくれない(水城先生と麻都1)

僕は麻都(あさと)もうすぐ高校卒業なんだけど、担任の立花水城とすでに3年付き合っている。
趣味の遊び友達だった水城とは、年は離れてるけどいい友達関係を続けていた。
でも僕が高校入学前、イベントで泊まったホテルで、僕は水城を意識し始めた。
僕のチンチンはいきなり暴走して、こすっても出ない。
水城は笑わずに、優しくそれを処理してくれた。
僕はその一夜が忘れられない。
思い切って告白したら、あっさりオッケー!だって。
でもそれから2年、彼はちっとも僕に手を出してこない。
しかも高3の春、いきなり担任になって現れた!
悶々として、更に一年追加。
18才になってお泊まりデートで、気合いを入れたのにやっぱり駄目。
卒業するのに、はたして僕の恋の行く末はっ?!
水城とエッチしたーい!
24hポイント 28pt
小説 21,848 位 / 148,769件 BL 4,852 位 / 17,118件