三点欠損のロゼリア

とある酒場に女性が訪れる。
左手、左足には鉄製の義手と義足。
左目には顔半分を覆う程の眼帯をした奇妙な女性であった。

だが、顔を注視すれば驚くほど整っており。
色素の抜けた白髪に赤い瞳は、妙に欲を駆り立てる。
そして、視線を落とせば、同性ですら羨むような身体つき。

生身と鉄塊が相俟ったその姿は退廃的で背徳的。それでいて扇情的であった。
24hポイント 0pt
小説 58,749 位 / 58,749件 ファンタジー 19,021 位 / 19,021件