その鐘は、終わりの鐘か始まりの鐘か。

ゴーン…ゴーン……。
一週間後、その教会の鐘が鳴り響く頃、俺の命は終わりを迎えるらしい。
俺に与えられた時間は後七日。
死神に連れて行かれるその日まで、俺は俺にできることをやろう。

「サージェス。死にたくないお前に一週間の猶予をやろう」

そうして俺は、死神とキスをした。
与えられたのは温かい命の息吹。

「一週間後、迎えにくるよ」

そう言って笑った死神を見送って、俺はそっと瞼を閉じた。


※今日はハロウィンということで、死神のお話を書いてみました。三話構成です。
主人公が最初物凄く不遇なので、苦手な方はブラウザバックをお願いします。
宜しくお願いしますm(_ _)m
24hポイント 56pt
小説 10,721 位 / 105,754件 BL 1,868 位 / 10,660件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

転生王子はダラけたい

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:35109pt お気に入り:28418

双子は不吉と消された僕が、真の血統魔法の使い手でした‼

BL / 連載中 24h.ポイント:1292pt お気に入り:1346

私のことを愛していなかった貴方へ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:150508pt お気に入り:5765

三食昼寝付き生活を約束してください、公爵様

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:269637pt お気に入り:7982

敵国の王子は俺に惚れたらしい

BL / 連載中 24h.ポイント:13789pt お気に入り:2604