白の衣の神の子孫

(ファンタジー+SFな世界の話です)

どこか遠くの辺鄙な星で……

その国のどこかに、神の子孫の地があるという。

そこに一夜にして巨大な神殿が建ち、捧げられた女の身の丈の倍はあろうかという白き衣を纏った神が、神の子を残した。数日の後の夜明けには巨大な神殿は消え、残された神を祭る一族によって、その地は守られ続ける。

王都で育ったマ・アーク・ジャジャは騎士である。若くして辺境伯の領地を守る第三団長となり、辺境伯の元へ旅立った。途中で嵐に巻き込まれた彼は仲間とはぐれ、ジャングルを迷う。そこで獣人の少女と出会い、彼女と行動を共にする。ある夜、眩い巨大な光が天から降りて来るのを目撃する。

翌朝、神殿が現れ、二人は引き寄せられるように近付いて行った……



魔法も転生もありません。ファンタジーだけど、SFっぽい話です。

過去作の、再会(BLR18)、告白(恋愛R18)、結婚(SFR18)、仕事やめても……(ファンタジーR15)、と同じ世界設定の僻地の話から始まるので、同じ人も登場します。

前作を読まなくても大丈夫です。読むとちょっと楽しいかもです。

よろしくお願いします。
24hポイント 0pt
小説 63,578 位 / 63,578件 ファンタジー 19,930 位 / 19,930件