おぼろ月夜の春の夢【番外編:滅国の麗人に愛の花を】

中原を二分する強国ボリビアとパウエラ。
奴隷制度のあるパウエラ国では父は大貴族、母は最下層の奴隷、その間に生を受けたガルシアと、王族でありながら王位に全く興味のない王子リヴェールは出会う。

孤独なふたりは惹かれ合うがガルシアが戦士となると二人の関係も変わっていく。
パウエラはボリビアに敗北し、リヴェールはボリビアの人質になる。

ふたりが再会するのは、ガルシアが起こしたパウエラ内乱の時だった。




甘くて苦い、切ないストーリー(になるはず)。
残虐表現が入るかも。※注意


「滅国の麗人に愛の花を」の番外編
パウエラ国 リヴェールとガルシアの物語です。

「滅国の~」の登場人物もでてきます。
そちらは長い物語ではありますが、読んでくださるとより楽しめると思います。

重要
エブリスタにて、「滅国の麗人に~」が有料公開となりました。
そのなかに、この番外編「おぼろ月夜~」を加えたために、途中から非公開とさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。



24hポイント 14pt
小説 22,394 位 / 111,768件 BL 4,095 位 / 11,247件