いつも伴奏な僕に主旋律を

何気なく入った吹奏楽部に入った僕こと
葛城 真一(かつらぎしんいち)はサックスの中でも(中学校の中で)一番大きなバリトンサックスを担当することになった。最初は音を出すこともままならなかったが、楽器が好きになっていく。
24hポイント 0pt
小説 92,272 位 / 92,272件 青春 3,803 位 / 3,803件