忠義の方法

冬木丈次郎は二十歳。うらなりと評判の頼りないひよっこ与力。ある日、旗本の屋敷で娘が死んだが、屋敷のほうで理由も言わないから調べてくれという訴えがあった。短編。完結済。
24hポイント 0pt
小説 105,984 位 / 105,984件 歴史・時代 1,388 位 / 1,388件