さいごのさいごのさいごの授業

マコトくんは、今朝も通学路の途中で寄り道していました。川の魚に田んぼの景色、たくさんの人々とも楽しく会話を交わします。そうしていつものように学校に到着すると、なぜか見知らぬ大人が教室の後ろに並んでいました。担任のキムラ先生は、授業の前に話しておくことがあると言います。たった一人の生徒であるマコトくんに先生が語り出したのは、驚くような話でした……。
24hポイント 0pt
小説 119,574 位 / 119,574件 SF 3,462 位 / 3,462件