南の海の島のうたびと

遠い南の空の下、夕陽に照らされた雲の向こうへ、
どこからともなくやってきたうたい手の声がひびきます。
生と死の豊かさと哀しみをのせて。

心安らかに眠りたい夜、夢見るように思い浮かべてほしいおはなしです。
24hポイント 0pt
小説 144,196 位 / 144,196件 絵本 568 位 / 568件