運命の出会いを経験してみた。

15歳の頃に夢の中で会った、顔の見えない素敵な男性と、どうしても現実世界で出会いたい主人公の五十嵐鏡子。
しかしもちろん現実は上手くいかず、付き合っている彼氏には大金を奪われ、理想通りには愛されず、ずっと辛い思いばかりをしていた。
しかしそんな時、鏡子が働く会社の上司が異動することを聞かされる。
代わりにやって来たのは、出世コースまっしぐらの超エリートで、まだまだ若いイケメン上司。
「あたしとは住む世界が違うから」
そんな彼に、鏡子はそう思っていたけれど…。

※かなり前に別のサイト様で執筆していた作品を、新しく書き直した作品になります。
24hポイント 0pt
小説 83,403 位 / 83,403件 ライト文芸 3,688 位 / 3,688件