失ったモノと手に入れたモノ

世界で初めて「突然変異」ではなく「純血」の能力者が認められた青年

獅子尾咲 怜皇(ししみさき れお)

彼が世間に名を知られた時 彼は光を映さない死んだ目をしていたのだ

幾数の傷跡から彼は「生きた実験体(モルモット)」として育てられ実験されていた……

そんな彼が後に「ルヴァーナ」と言う名の組織を作り上げ「能力者専用」として活躍するのだが……

彼の身体はかつての実験の跡を未だ多く遺している……

そんな彼を救った1人青年……その青年の名は

九龍 水南(くりゅう みなと)

警察に密告し怜皇を救った水南は怜皇に生きる理由を与えた……「愛する者を愛し信じろ」と……しかし水南は敵に捕まり怜皇の手で命を落とす……己の息子を残して……

時が経ち、息子も大きくなり怜皇と生きてきたが人権があるにも関わらず強制的に駆り出された戦争で、1人生き残った怜皇は大切なモノを無くしてしまう……


人物紹介

獅子尾咲 怜皇(ししみさき れお)
世界で初めて「純血の能力者」と認められた青年 研究所で「生きた実験体(モルモット)」として生きてきた為身体には幾数の傷跡有り 水南と出会った当初は眼に光はなく死んでいた 実は大の子供好き


九龍 水南(くりゅう みなと)
昔は怜皇をモルモットとして扱っていた人物 だが怜皇と接していく内に仲良くなり警察に密告 成長した怜皇と恋人同士になったが敵に捕まり理由があって敵対 刀使いで怜皇に刀の使い方等を教える


越前 仁(えちぜん じん)
越前家最強の当主 12で当主の座につき25でカウントがストップ 水南とは長い付き合いだったが水南の死により怜皇を気にかける様に 確かな力量と実力を兼ね備えた上で郡を率いて生まれ付き持っている天性のリーダーシップを持つ


越前 銀雅(えちぜん ぎんが)
仁の兄 昔怜皇と知り合い今でも仲が良い 怜皇に片想いしていてとても心配している 変わってしまった怜皇に心を痛める 様々な武器を使いこなす怜皇との相性が良い 昔颯斗の兄に片腕に傷をつけられた
24hポイント 0pt
小説 148,285 位 / 148,285件 BL 17,045 位 / 17,045件