HAZAKURAの君に


クラスを受け持つことになった秋田葉太は、その中にかつての恋人によく似た生徒がいることに気づく。名前は春川桜子と言った。
校外の公園に訪れた葉太は、そこで偶然、桜子と出会う。打ち解けていく二人だったが、桜子は葉太に自身の悩みを明かし、走り去ってしまう。
やがて、公園で再会する二人。
葉太はあの時伝えられなかった言葉を、桜子に贈った。 

数年後。葉桜を見上げながら、思いを馳せた。
24hポイント 0pt
小説 84,946 位 / 84,946件 ライト文芸 3,741 位 / 3,741件