村娘は聖剣の主に選ばれました ~選ばれただけの娘は、未だ謳われることなく~

外の世界へ出ることを夢見ながらも、夢はしょせん夢だと諦めていた17歳の村娘ローゼ。
彼女の生活は、ある日王都の大神殿から来た使者に

「神により聖剣の主として選ばれました」

と告げられた時から一変した。

「聖剣の主……? あたしが……?」

人の敵である魔物を倒すため、神から与えられている聖剣は世に10振。
ただし聖剣を持つ血筋はやはり神によって決められており、辺境に住む村娘には関係のない話だ。

戸惑うローゼに使者は重ねて言う。

「あなたに与えられるのは、400年もの間誰も手にしていない『11振目の聖剣』です」と。

どうやら記録がほとんど無く、謎ばかりが多い聖剣らしい。
なぜローゼがそんな聖剣を持つ者として選ばれたのか、理由は分からないと使者は言う。

ローゼは悩むが、最終的に聖剣を手にすると決め、夢見ていた村の外へ出ることになる。
そこで待っていたのは聖剣の主としての役目と、村にいては知り得なかったこと。

生涯の友との出会い。
交錯する人々の思惑。
無自覚なまま恋をしていた相手との、突然の別れ。

――様々な事に遭遇するたびローゼは少しずつ成長し、そして世界は彼女に影響されて少しずつ変化する。


★がついている話には性的な描写があります。閲覧の際はご注意ください (読まなくても物語の展開に影響はありません)。

◆展開は遅め。話はシリアス寄り。恋愛は主に中盤~後半。
◆毎週『土曜』に更新。
◆小説家になろう様 ノベルアッププラス様 カクヨム様(3章で終了)でも公開中です。

◆表紙:銀タ篇(ぎんたぺん)様(@RB02x4Bda6FoFqc)
◆ロゴ:草食動物 様(@sousyoku_animal)
24hポイント 235pt
小説 5,439 位 / 125,746件 ファンタジー 1,090 位 / 32,338件