私に取り憑く、2体のパワハラ上司達

以前働いていた職場(病院の下請け会社で厨房業務)で出会った上司達と私の話を日記風?で書きました。
何とか忘れてスッキリしたいという思いで、面白おかしく実体験を私視点で書いています。ほぼ、愚痴です。愚痴嫌いな方は、不快感を覚えるかもしれません。

こうして文字にして当時を振り返ってみると・・・くだらないですね。賛否両論あるかもしれませんが、仕事の事で会話が噛み合わない、人と相性が悪いのはかなり効率が悪いし、苦痛ですね。私もあの上司2人も、苦手意識が邪魔をして、歩み寄りが足らなかったのかもしれません。
私が感じる位なので、皆さんはもっとくだらなく感じていることでしょう。ただこのくだらない小さな悪意の積み重ねが、年月を経て徐々に人を壊していくのです。
世の中には、職場でもっと酷い目に遭われている方がいることと思います。そんな方にも読んでいただいて、少しでも笑って元気になってもらえたらいいなと思います。
という事で、こんな調子で話はまだまだ続きます。状況説明を簡単に抑えるつもりでしたが、大分スペースを取るようになってしまい、読みにくいかもしれません。
長いので完結しないで中断してしまう可能性もありますが、完結目指して頑張ります!よろしくお願いします。
だんだん終盤に向かって、下らなさは変わらないのですが、告発めいた内容を1部投稿させていただいております。日記内の私自身が悪霊に毒されて、面白おかしく書くことを忘れがちになっていますが、8割下らない事なので上司側や私側に共感したり、笑っていただけたらと思います。
やっと、書き終えることが出来ました!それもこれもこんな駄文を読んで下さった皆さんのおかげです。少しずつ公開させていただきますので、よろしければもう少しの間お付き合い下さい。
それから、[お気に入り]にして下さった方、ありがとうございます!励みになりました!
24hポイント 28pt
小説 18,546 位 / 120,960件 大衆娯楽 723 位 / 4,304件
1 / 2

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

ジーンコード~人智を越えた遺能者と無能者~

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:1

シュレディンガーの猫

ミステリー / 完結 24h.ポイント:85pt お気に入り:6

詩「朝日が落ちる音」

現代文学 / 完結 24h.ポイント:0pt お気に入り:0