夜伽がたり

祖母が死んだ。二代にわたって、ひとりっ子の母子家庭だった。母と私は、祖母の亡骸のかたわらで夜伽をしながら、もうこの世にはいない祖母について、静かに語りはじめる。
24hポイント 49pt
小説 9,111 位 / 64,138件 現代文学 104 位 / 2,787件