秋物語り

 去年、一学期の終業式、亜紀は担任の江角に進路相談に行く。
 明日から始まる夏休み、少しでも自分の目標を持ちたかったから。
 なんとなく夏休みを過ごせるほどには子供ではなくなったし、狩にも担任、相談すれば親身になってくれると思った。
 でも、江角は午後から年休を取って海外旅行に行くために気もそぞろな返事しかしてくれない。
「国外逃亡でもするんですか?」
 冗談半分に出た皮肉をまっとうに受け「亜紀に言われる筋合いはないわよ。個人旅行だけど休暇の届けも出してるんだから!」と切り返す江角。

 かろうじて残っていた学校への信頼感が音を立てて崩れた。

 それからの一年間の亜紀と友人たちの軌跡を追う。
24h.ポイント 0pt
0
小説 186,029 位 / 186,029件 キャラ文芸 4,341 位 / 4,341件