転生して早速だけど異世界転生者を殺してきてね! - 異世界 滅師職人 -

「へっふぇ!? 等級A!!? うそうそ!?え?? このスキルが???」


今日も無量大数ある異世界から稀の稀の稀稀に選ばれし死した者が転生される
内1割がここ『ミカエル』に転生されてくる

『移動職人』椎名祭はまた一人『滅師職人』をチームメイトとして預かる事となった

「ってまーた私より子供じゃん! 私は子守りじゃねっつーの!」

異世界転生されて来た御船創技の姿を見ながら、彼女はそう言って嘆く
ただし彼の『スキル』を、その等級を見て、目の色が変わった
等級はA、SSR転生者…いや滅師を引き当てた


「最初に言ったけどここは全世界の監督所。その役割は全異世界の均衡を保つ。
 転生者がその世界に悪影響を及ぼすと『ミカエル』に判断されたならそれを絶対的に排除するようにと動いている。それが滅師」


「そーぎ君、何も難しく考える事はない。やる事は至極単純なんだ。君たち滅師のやる事はたった一つ」


「異世界転生された者、『移動職人』である私が連れて行くその先で出逢うだろうその者に、容赦無く第二の死を与えて欲しい。

───それが『滅師職人』の仕事」
 

24hポイント 0pt
小説 74,474 位 / 74,474件 ファンタジー 21,782 位 / 21,782件