投稿小説一覧

タグ 正体は『クラゲの脳味噌』×
1
彼には居場所があった。 動く事も喋る事も出来なかったがそこには愛する主人が居たから幸せだったのだ。 繰り返される平穏な日々に幸せを噛み締めていたが、 国中で革命の嵐が吹き荒れたある日脆くも崩れ去ってしまった。 革命に燃える民衆達は彼女達を……。 彼の主人を目の前で穢した。 何も出来ない彼は只々その恥辱を見るしか無かった。 主人である彼女が命を散らすその瞬間彼の繋がれた鎖は解かれた。 神話の時代より語り継がれた『黒き者の眷属』は 今世紀に『魔族』として現出したのだ。 だが、彼は負けてしまった。 『神の民』と持て囃されている『勇者』一行によって徹底的に。 しかし、彼は命辛々逃げ延びる事に成功した。 そしてその地に『触手』を根差し反撃の機会を伺う事にした。 彼は生前の主人が呼んでいた自らの愛称に祓い、 自身の名を『リュシォン・ヴォレ・ルージュ』と 自らの見た目から 種族名を男性器(マンドラゴラ)と名付けた。 △▼△
24hポイント 14pt
小説 9,713 位 / 41,138件 ファンタジー 2,746 位 / 14,294件
文字数 7,879 最終更新日 2018.06.02 登録日 2018.05.16
1