魔術師小説(外部サイト)一覧

タグ 魔術師×
11
ミレーネは自らの魔術に関しては誇りを持つ、凄腕の魔術師である。 市長付き魔術師として高給を取り、自身の知識をさらに増すために日々研究に打ちこんでいる。 魔術以外のことが全ておろそかになるほどに。 いつの間にやら、できあがったのは散らかり放題の汚い屋敷。 その混沌を何とかするために、使用人を雇うこととなった。 ちょっとした縁で知り合った、仕事はできるが目つきと口の悪い男。 自分は魔法以外何の取り柄もない、何の魅力もない魔術師だから、男の人と二人で一つ屋根の下で暮らそうが何の問題もない。 そう予測していたミレーネの生活は、あらゆる意味で変化した。 汚い家は片付いていくが、相対するように心はこんがらがっていく。 これは、気持ちを伝えることが下手な二人がおっかなびっくり手を伸ばす、不器用な男女のラブストーリー。
24hポイント 9pt
小説 1,638 位 / 18,908件 恋愛 672 位 / 4,837件
登録日 2018.02.28
2
恋愛 完結 長編 R18
 酒場兼宿屋の看板娘アリシアは、今日も酒場のホールで元気に忙しく働いている。ある日いつものように働いていたら、やたらとキラキラしたイケメンに出会いました。軽薄で女好き……但し、剣の腕は超一流? の摑みどころの無い貴族の男ユーリ。だけど、彼には秘密があって……  彼と出会ったことからアリシアの運命の歯車が「再び」回り始める。彼と彼女のお互いの秘密が絡んで、事態は思わぬ方向に転がりだした。 【完結済み】 ※※2018.06.01改稿※※ 誤字、脱字などは随時修正します。 ★はR18相当の性的描写を含みます。 ☆は軽度の性的な表現を含みます。
24hポイント 9pt
小説 1,638 位 / 18,908件 恋愛 672 位 / 4,837件
登録日 2018.06.02
「先生に復讐したいと思わない?」白皙の顔で花のように笑い、彼は甘くささやいた。クラス一の優等生に誘われて、私は――。
24hポイント 1pt
小説 4,052 位 / 18,908件 ファンタジー 1,465 位 / 7,394件
登録日 2016.04.07
各地を流れ歩く旅芸人のリュカは、訪れた小さな町で、亜麻色の髪をした自分好みの少女アレットを見かける。彼女は中世の貴族のような身なりの若い男と、やせ細った幼女、黒猫の三体の亡霊を連れていた。慌てて彼らを除霊しようとしたリュカは、亡霊たちを「友達だ」と言い張るアレットに面食らう。リュカは、黒猫の亡霊に彼女を助けてほしいと頼まれ、なりゆきで一人暮らしの彼女の家に泊まることに。彼女らの状況をなんとかしようとするリュカは、世間知らずな彼女と、個性的な亡霊たちにふりまわされて……。 「魔術師ロラと秘された記憶」の主人公たちの血を引く青年のお話ですが、前作をお読みでない方でもお楽しみいただけます。
24hポイント 1pt
小説 4,052 位 / 18,908件 ファンタジー 1,465 位 / 7,394件
登録日 2017.10.05
白魔術師一族の娘ロラは、林の中でたくさんの悪霊に取り憑かれて気を失っていた青年を発見する。銀色の髪の美しい青年には暴行された跡が見られ、何らかの事件に巻き込まれたらしい。記憶を失くしデューと呼ばれることになった彼は、個性的な面々がそろう魔術師一族との生活の中に、幸せを見出していく。 デューは『悪魔の器』と呼ばれる桁外れに強い霊媒力を持っていた。ロラは、彼の失くした記憶と『悪魔の器』を封じる方法を求めて、人間には不可能とされる大天使の召喚を試みるのだが……。
24hポイント 0pt
小説 18,908 位 / 18,908件 ファンタジー 7,394 位 / 7,394件
登録日 2017.08.23
 森の奥に住む、絶世の美男子(ただし社会不適合者)ともいえる魔術師。  彼に片思いした少女は言う。 「わたしのご主人様になってください!」 「いいよ」  魔術師と平凡な少女、翼を持った猫。  あっさりと始まった奇妙な生活だったが、だんだん厄介な状況に――。  カクヨムで公開しています。
24hポイント 0pt
小説 18,908 位 / 18,908件 ファンタジー 7,394 位 / 7,394件
登録日 2018.03.20
テストリア大陸にあるファランティアの地は、ドラゴンとの<盟約>により人間の領土と定められた。 その約一〇〇〇年後、ファランティア王国で最後のドラゴンが死に、物語は始まる。 最後の竜騎士となったランスベルは使命を果たすために旅立ち、守護者を失った王国では人々の生と死が戦火を彩る。生き残るべきは誰か、死すべきは誰か、そして忘れ去られるべきは誰なのか。 盟約暦一〇〇六年の冬、<王都の戦い>は光の竜騎士の出現とともに終結し、物語は幕を閉じる。 ★複数の主人公による群像劇です。最後の竜騎士ランスベルは主人公の一人です。 ★もう少し詳細なあらすじとして、各章最初に前章の「あらすじ」があります。 ★各話タイトルは、「主人公の名前 ―時期―」になっています。 ★ある程度、出来事単位のまとまりを意識してはいますが、時系列に並べるほうを優先しています。
24hポイント 0pt
小説 18,908 位 / 18,908件 ファンタジー 7,394 位 / 7,394件
登録日 2018.03.28
「お腹減ったよマーリン」「…………さっき食べたばかりだろうが」 へなちょこ勇者とテキパキ魔術師のドタバタファンタジー風コメディ
24hポイント 0pt
小説 18,908 位 / 18,908件 ファンタジー 7,394 位 / 7,394件
登録日 2018.10.21
東京に破滅の兆しがあるといっとう初めに気がついたのはナポリの魔術師ヴィルジリオそのひとだ。 彼はむろんラテン文学最大の詩人ヴェルギリウスではない。残念ながら、英雄譚『アエネイス』を描いた大詩人が魔術師だったのは中世の伝承にすぎない。 けれども時が過ぎた二十一世紀、まして令和の時代になろうとも、人智の及びもつかぬ不思議はなくならない。
24hポイント 0pt
小説 18,908 位 / 18,908件 ファンタジー 7,394 位 / 7,394件
登録日 2019.05.11
「タットワの技法」と呼ばれる儀式を興味本位で行ってしまった平凡な大学生、雨宮海斗。 朦朧とする意識の中、謎の少女から「異世界への転移」を告げられる。神話入り乱れる混沌の異世界でマトモに戦う手段も持たず、右も左も分からない彼に授けられたチートは、身を滅ぼす代わりに神すら屠る「神の武器」だった———
24hポイント 0pt
小説 18,908 位 / 18,908件 ファンタジー 7,394 位 / 7,394件
登録日 2019.08.30
 海に面した地方都市の朝比奈市。そこに住む女子高生、滋岳透は陰陽師を起源とする魔術師の家系に連なる者であった。  彼女はある時、学校で正体不明の魔術師に襲われたが、そこに現れたイツキと名乗る少年とカタガミの 儀という使い魔の契約を交わし魔術師を撃退する。滋丘家と関わりのあったイツキの目的は透の祖父の 遺言にあったタルタロスが何なのか知りたいというものであり、透はイツキとタルタロスについて調査を始 める事になった。
24hポイント 0pt
小説 18,908 位 / 18,908件 キャラ文芸 242 位 / 242件
登録日 2019.12.29
11