遠山金四郎小説一覧

タグ 遠山金四郎×
2
時は文政8(1825)年、12月7日。江戸城本丸に住まう将軍・家斉に近侍する小納戸45人が登用され、その中に遠山景晋の孫(実際には子)の金四郎景元と長谷川平蔵の孫(辰蔵の子)の平蔵宣昭がいた…。
24hポイント 0pt
小説 124,381 位 / 124,381件 歴史・時代 1,406 位 / 1,406件
文字数 29,001 最終更新日 2020.06.05 登録日 2020.05.01
大目付に「栄転」(実際には左遷)された遠山の金さんと、隠居を命じられた元大名の内田(うちだ)正容(まさかた)の物語です。内田正容は大名でありながら彫物があったと(正にこれこそ本物の「大名やくざ」)、そこから着想を得まして、遠山の金さんが桜の彫物を背負っているのに対して、内田正容は桜吹雪に対抗して梅の彫物を入れていた…、実は二人は義兄弟…、若き日に兄弟盃を交わした仲…、正容が梅の彫物を入れたのもその頃だったというフィクションです。(小説家になろうのコンテストに応募しましたが、見事に落選しまして、出版優先権を返却して下さいましたので、懲りずに応募してしまいました)。
24hポイント 0pt
小説 124,381 位 / 124,381件 歴史・時代 1,406 位 / 1,406件
文字数 116,221 最終更新日 2019.04.30 登録日 2019.04.17
2