最強家族小説一覧

タグ 最強家族×
2
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
 年が変わるのと同時にファンタジーな異世界に勇者召喚された一条家の4人。戸惑う一条家──かと思ったら実は一条家は俗にうオタク家族であったので、ステータスも確認して即対応。  だが、召喚した国の国王はゴミのような人物で、一条家は城から逃走する。  依頼中、森で亜人の子供を保護して小さな孤児院を建てることにした。  これはチートを得た最強オタク家族が、困難を乗り越えて異世界で亜人達を保護して育てる物語り。  最強家族の異世界生活、ここに開幕!
24hポイント 7pt
小説 20,193 位 / 80,083件 ファンタジー 4,524 位 / 23,035件
文字数 24,594 最終更新日 2019.10.03 登録日 2019.08.27
“氷龍”と呼ばれる怪物が跋扈し、氷龍に対抗できる唯一の種族「火族」が英雄とされている世界。  現代最強火族の一角と言われる「蓮杖家」の長男・流彦は、強すぎる家族たちの世話に手を焼く毎日を送っていた。  ある時、一人の少女を氷龍の襲撃から救う。沙羅と名乗る少女は火族に仕える使用人=「銃者」となることを志望していると話す。 「銃者なんてろくなもんじゃない」と流彦は、沙羅をヒト族の警察に引き渡そうと考えるが、少女は自らの身体に宿る「縛火紋(ばくかもん)」と呼ばれる紋様を流彦に見せる。  それは火族として生まれながら無能力者であることを示す紋様。  そして、他界した流彦の姉・ほたるが持っていた紋様でもあった……  成り行きで沙羅を蓮杖家に迎え、流彦は沙羅の「銃者教育係」に任命される。  流彦はほたるの面影を沙羅に重ねてしまう自分に戸惑いを覚えてしまう。  蓮杖家の温かな雰囲気の中で、流彦は姉を失った傷を癒し、沙羅は認められることの喜びを知っていくが……やがて訪れる残酷な運命の奔流から、彼らは光を見出そうと奮闘する。  一つの家族の再生を描くファミリアファンタジー。
24hポイント 0pt
小説 80,083 位 / 80,083件 ファンタジー 23,035 位 / 23,035件
文字数 34,027 最終更新日 2019.08.10 登録日 2019.07.28
2