のんびり進行小説一覧

タグ のんびり進行×
3
「――あぁ御桜! やっと会えました!」  少女はブランコから勢いよく立ち上がるや唐突に、俺へとその身を投じた。 「んぅッ!?」  次の瞬間。俺の口唇は、お約束のように少女の小さな口唇によって塞がれてしまっていて。  今年30歳を迎える『須佐納 御桜』こと俺は、自宅近くの公園で『舞夜』と名乗る少女と出会った。  春先を控えた3月下旬の寒空のもと。白いワンピースを身に纏い、妙に戯れついてくる少女の髪は銀髪。俺の知り合いに銀髪の知り合いなど居るわけもなく。  戸惑いと既視感に翻弄されながら。強い結び付きが再び二人の運命を大きく動かしていく。  ~唯美~ 3 ).⑧ 『 犬パンチ 』 「わたしの身体、変じゃないですか?」 「大丈夫。すごく綺麗に成長してるから。」  ~佳宵~ 5 ).⑤ 『 月光浴 』 「お月様と同じくらい綺麗なお姫様を助けるのに。理由なんかいらないだろ?」 「みおうって、へんなひと。」  ~深更~ 6 ).⑲ 『 雪肌 』 「わたしから。みおうにあげられるものなんて、ありますか?」 「“全部”だ。俺は、君の“全部”が欲しい。」    ~皆既~ 9 ).? 『 ??? 』 「お前、それ。」 「この力は白羽から受け継いだもの。黒羽を守ってやるための力だったんだ。でも今は、舞夜ちゃんを守るために振るう力だ!」  ~??~ ? ).? 『 ??? 』 「…お兄ちゃんは本当に、どうしようもないくらいのバカだよ。」 「5年振りの再会だっていうのに、相変わらず手厳しい妹だよな月虹ちゃんは。」  小説家になろう様 ~ミッドナイトノベルズ~ にて最新話公開中です。
24hポイント 221pt
小説 3,971 位 / 77,489件 ファンタジー 1,000 位 / 22,366件
文字数 533,921 最終更新日 2020.07.15 登録日 2020.02.02
【隔日更新】 ――僕はそのとき、沢山の力と想いを託されたんだ―― 幼馴染への告白に失敗し、突き飛ばされて不幸にも屋上から転落した少年、浅木刀真。 彼は目覚めたとき、剣と魔法の異世界【リバンティア】に転移していた。 ラノベやゲームで憧れていた展開に興奮冷めやらぬトウマは、魔物に襲われていたところを助けてくれた少女セリアに、勇者の証である紋があることを告げられる。勇者となった者は、彼女と一緒に魔王討伐の旅に出る決まりだという。 怒涛の主人公展開にトウマは胸を躍らせ、勇者の剣を抜く儀式に挑んだのだが――どういうわけか、剣はピクリとも動いてくれなかった。 絶望するトウマ。しかし、そこに謎の声が響く。 ≪――条件達成確認、『コレクト』を使用しますか?≫ トウマがその言葉に従った瞬間、彼の体は光に包まれ、そして有り得ない数のスキルを習得していた――。 これは、勇者の剣を持たず、大量のスキルを駆使して世界に蔓延る闇を払っていくトウマの、長き戦いの記録である。
24hポイント 7pt
小説 18,665 位 / 77,489件 ファンタジー 4,207 位 / 22,366件
文字数 890,130 最終更新日 2020.03.27 登録日 2019.03.21
世界中の穢れた魔素を体内に取り込み、穢れを浄化し魔素を世界に戻す。 それが魔樹として生まれた巨木の役割だった。 魔樹は自我があった。それもかつて、日本という国で一般的に生活していたサラリーマンとしての記憶を残した魂が宿っていたのだ。 このお話は、魔樹として転生した日本人の話である。
24hポイント 0pt
小説 77,489 位 / 77,489件 ファンタジー 22,366 位 / 22,366件
文字数 438 最終更新日 2020.04.18 登録日 2020.04.18
3