田舎料理小説一覧

タグ 田舎料理×
1
祖父母が暮らしていた古民家。 ここで長年、彼らは民泊を営んでいた。 けれど今は住む人がいなくなって。 僕(こと永森和季)の両親と親戚との話し合いの結果、僕が住みこんで管理することになった。 やって来た懐かしい村。 岡山県北部の小さな集落。 子どもの頃はよく来て、駆けまわって遊んだものだ。 お宮で出会った三毛猫と白い狐。 それから古民家にやってくる、いろんなもふもふたちと、 僕はちょっとだけ不思議な体験をしたんだ。 2019.11.29~ 次の更新は2月28日(金)の予定です。
24hポイント 127pt
小説 5,034 位 / 65,959件 キャラ文芸 84 位 / 1,928件
文字数 44,562 最終更新日 2020.02.21 登録日 2019.11.29
1