忠次小説一覧

タグ 忠次×
1
酒井直次は遊び人の為、ろくでなしと謂われていた。 これは母からの言い付けでわざとしている。 弟の家次に殺されない為だ。 結果、後継者は家次で絞られていく。 直次は今日もロクデナシを演じる。 時は戦国。 そんな彼も歴史の渦に翻弄されていく。 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ この物語は三河~遠江を中心とした戦国激戦の歴史が記されています。 酒井家に突然と現れて消えていく白狐の紋章を持った独立軍、徳川最強と言われる本多忠勝、武田信玄が率いる戦国最強の二十四将の山県昌景、秋山虎繁の戦いがなどが綴られています。
24hポイント 63pt
小説 8,848 位 / 80,084件 歴史・時代 86 位 / 1,094件
文字数 34,714 最終更新日 2020.07.12 登録日 2020.05.26
1