幼い頃の想い出小説一覧

タグ 幼い頃の想い出×
2
1
現代文学 完結 ショートショート
小さい頃読んでいた絵本は1ページ1ページ味わっていたのに、今ネットで何気なく見る1ページ1ページはあの頃のように味わえていないかもしれない。あの頃より見られる情報の数も、画像の数も多いのに。 途中でこぼしてきてしまったかもしれない、何かを思い出したい。
24hポイント 0pt
小説 96,522 位 / 96,522件 現代文学 5,079 位 / 5,079件
文字数 1,053 最終更新日 2020.09.17 登録日 2020.09.17
2
恋愛 完結 長編
※こちらは、恋愛小説「笑顔の魔法」に登場する真城輝史視点の物語です。「笑顔の魔法」の補足的意味合いが強いので、「笑顔の魔法」をお読み頂いてからお楽しみください。以下シナリオです。  大学進学後、勉強だ何だと忙しくなった俺は、あまり、マコトの家には出向かなくなった。  気付けば交流を断っていて、今はもう、マコトがどこで何をしているのかさえ、知らない。  マコトの家に行けば居るかもしれないが、今更、顔を出すのはどうも気が引けた。  彼女が十八歳の俺のことを覚えていてくれて、どこかで、幸せに生活してくれているのなら、それでよかった。  別れてからの歳月を考えると、そろそろ十八歳だろうか。マコトのことだから、明るく元気に育っているに違いない。  きっと、たくさんの友達に囲まれて、荘司さんと律子さんが居る幸せな家庭の中で、今日も笑っているのだろう。  …律子さんに似て美人になって、男達にはモテモテで、……かっこいい彼氏だって、いるかもしれない。  いつか、会えたら良い。お前は覚えていないかもしれない。けど、お前のおかげで、俺は変われたんだって、まだ立派とは言えないけれど、教師になったんだって伝えたかった。  しかし、そんな俺の願いは虚しくも崩れた。 「…人違いです。私は、古谷真琴ではありません」  かつての母校に転勤後、出会った少女は冷めた表情を浮かべて答える。  早瀬真琴。  マコトと同名のその少女は、どこかマコトに似た風貌で、それでも、マコトが絶対に見せない表情を浮かべていた。 「早瀬は、本当に俺のことが嫌いなのな」  マコトなのか、…いや、マコトじゃなかったとしても、俺は彼女のことを構わずには居られなかった。  何故、そんなに寂しそうな表情を浮かべるのか、知りたかったから。 「真城先生…、どうされたんですか?」 「……いや、ちょっとな。…昔のことを、思い出していた」  彼女に触れようと伸ばした手は空を切り、…実感する。もう、自分は若くはないのだと。
24hポイント 0pt
小説 96,522 位 / 96,522件 恋愛 26,645 位 / 26,645件
文字数 29,485 最終更新日 2017.12.12 登録日 2017.12.01
2