顔が判別できない呪い小説一覧

1
王宮治癒師のルシアは解呪に失敗し、人の顔がすべて『∵』に見える呪いを受けた。 さらに、二百年前に生きていたクレメンティという女の霊に取り憑かれる。 それでも特に不便を感じていなかったルシアは、王宮治癒師としてそのまま働いていた。 騎士団の昇格試験がある日に、一人の騎士が媚薬を盛られ、たいへんなことになってしまう。 その治癒のためにルシアは身体をはるが、もちろん相手の騎士の顔は『∵』。 それから数年後、ルシアは息子のカイルと義父のルーファと過ごしていたが、カイルの父親と名乗る男がやってきて――。 人の顔が『∵』に見える治癒師と。 息子がこんなに自分そっくりなのになぜ父親だと気づいてもらえないのか悩む騎士団長のラブファンタジー。 旧タイトル:『この子は私の子ですが、父親は誰かがわかりません。英雄騎士様が「この子は俺の子だ」と訴えてくるのですが!』タイトル変更しました。
24h.ポイント 248pt
小説 4,969 位 / 185,445件 ファンタジー 802 位 / 42,679件
文字数 140,247 最終更新日 2024.03.11 登録日 2023.12.09
1