3
黒羽出雲十五歳。 少年は一年前の十四歳のある日、親に捨てられ路頭に迷ってしまう。突然捨てられたことに戸惑う暇もなく、出雲は一人で生きていかなくてはならなくなった。家を失い、親から捨てられ、行く当てもなく町を彷徨っているとどこかの町の河川敷に辿り着いた。 そこでは初めは雨風を防ぐ段ボールもなく濡れたまま過ごしていたが、耐えきれなくなりホームレスの人に話しかけて頼ることにし、段ボールや食料をもらうものの、成長期の少年には足らなかった。日に日に痩せていく少年はある日、河川敷にある橋の下で段ボールに包まっていると、目の前の景色が突如見えなくなってきた。 何が起きたかと出雲が考えていると、それは衰弱死する前兆であると察することが出来た。出雲はやっと死ねる、やっと楽になれると考えて次の人生は楽しく毎日を過ごしたいと思った。 立ち上がるのさえ難しくなった痩せ細った足で辛くも立ち上がると、霞む景色を頼りに川の中に入って死のうと歩き始める。そして、震える足で歩いて行くと、足元にあった小石に躓いて倒れてしまう。倒れたまま顔を上げて、身体が震えながら起き上がって見た景色は、いつも見ていた景色とは違っていた。 他サイト様にも本作品を投稿しております。
24hポイント 56pt
小説 8,807 位 / 77,021件 ファンタジー 1,989 位 / 22,265件
文字数 128,035 最終更新日 2020.07.03 登録日 2020.04.02
主人公黒羽愛理が生きる現代より数百年前、世界の理はある日突然崩れた。 いつもの日常の空に亀裂が走ると、その亀裂を割って未知の怪物が出現した。 未知の怪物が現れた瞬間より、この世は地獄に変化してしまう。 しかしその地獄に相当する恐怖に怯えながらも、怪物に立ち向かう人々が現れるのだが、怪物相手に効果はなかった。 絶望に世界が嘆き平和な世界が危機に瀕した瞬間、空から光の柱が世界中に降り注いだ。 その光の柱は日本にも多数降り注ぎ、降り注ぐ光の柱の中から世界を救う救世主が現れる。 その現れた救世主は光の柱から男女一組で現れ、逃げ惑う人々を怪物の脅威から救っていく。 救世主たちによって世界は救われ、救世主たちは自分たちのいるべき場所に帰っていくが、その救世主たちは嬉しいことに地球に置き土産を残してくれた。 それは、地球の人々が魔法を扱えるようにしてくれることであった。 現代武器に魔法が加わったことや、人間が単独で魔法を扱えるようにある種の進化を果たしていたのである。 そして、黒羽愛理が生きる現代。 人々は当たり前のように魔法を扱い、日常を生きていた。 だが、その日常の崩壊が近づいていることは誰も知る由もなかった。
24hポイント 0pt
小説 77,021 位 / 77,021件 ファンタジー 22,265 位 / 22,265件
文字数 89,613 最終更新日 2020.04.27 登録日 2019.10.06
天羽桜は普通の人間だった。 天羽桜は毎日を笑いながら過ごし、家族や友人達との日々の暮らしを満喫していた。 しかし、天羽桜が寝坊をしてしまったその日から全てが変わってしまう。 天羽桜は笑いあっていた日常を取り戻すために、戦うことを決める。 だが、戦うにつれて悩む天羽桜は悩みながらも襲いかかってくる脅威に立ち向かっていく。 この物語は世界に対する脅威を払い、日常を取り戻していく少女の物語である。
24hポイント 0pt
小説 77,021 位 / 77,021件 ファンタジー 22,265 位 / 22,265件
文字数 51,384 最終更新日 2020.01.05 登録日 2019.11.24
3