天羽睦月

天羽睦月

小説家を目指して日々奮闘中です。 面白い作品を作っていきますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
9
「さようなら」少女が言ったその言葉で全てが変わった。 まだ幼い子供であった黒羽出雲が出会った少女・夕凪美桜。彼女は突然現れて突然目の前からいなくなってしまう。 失意に飲み込まれる出雲であったが、離れて行くその背中に向けて「迎えに行くから」と叫ぶものの、その声が届いているかは分からなかった。 また会えるか分からないが、迎えに行くと言った約束を果たすために出雲は国を守る要である魔法騎士団を目指すことに決めた。 そして10年という長い歳月を経て、魔法騎士団に入団をする試験を受けるが、そこで衝撃的な真実を知ることとなる。 少年と少女、2人の運命が再度交わる時、絶望に覆われる世界を照らす光となる—―。 他サイト様にも掲載をしています。
24hポイント 228pt
小説 5,677 位 / 125,813件 ファンタジー 1,139 位 / 32,344件
文字数 53,119 最終更新日 2021.12.04 登録日 2021.11.19
世界に寄り添う形でもう1つ世界が存在するが、その存在に気が付いている人は少ない。 ある日、黒羽出雲が高等学校からの帰宅途中にクラスメイトの少女、皇美桜を見かけた。普段とは違う様子に見えた彼女であったので、後を追うと信じられない状況が目に映る。 それはクラスメイトの少女が刀を手にして戦っている姿であった。目の前の状況が信じられない出雲に気が付いた少女は逃げてと叫ぶが、時は既に遅かった―― これは少年の想いが少女を守り通す物語―― 他のサイト様にも投稿をしております。
24hポイント 0pt
小説 125,813 位 / 125,813件 ファンタジー 32,344 位 / 32,344件
文字数 3,244 最終更新日 2021.09.21 登録日 2021.09.21
 世界の20%の人々が扱える特殊な力である魔法。  善行に使い生活を豊かにしようとする人が多い一方で、悪行に使う人々が現れてしまう。だが、光あるところに闇があるように、悪のあるところに必ず正義が現れる――それが英雄である。  国が魔法を悪行に用いる人に対処をするために作った公的機関である英雄公社。そこに所属をする英雄は誰もが憧れる職業となったが、その仕事は苛烈を極めている。  両親が英雄であった少女、黒羽美桜。彼女も英雄を目指しており、両親の意志を継いで活躍をしたいと考えていたのである。  英雄になるための最終試験に進めた彼女は、苛烈な現実を目の当たりにして思いを果たすために活動が出来るのだろうか。    これは、少女の想いと諦めない心が未来を紡ぎ、未来を切り開く物語―― 他サイト様にも掲載をしています。
24hポイント 0pt
小説 125,813 位 / 125,813件 ファンタジー 32,344 位 / 32,344件
文字数 49,340 最終更新日 2021.07.30 登録日 2021.07.19
人類は神秘なる力である魔法を用いて繁栄をしていた。しかし人類の生存圏外から魔族と呼称する生命体が人類の前に現れたことにより、繁栄は終わりを告げることとなった。  突如始まった魔族との戦争により人類側は追い詰められ、その生存圏を奪われつつある状況が続く日々が始まったのである。  この世界で生きている主人公・黒羽出雲は、武器から手紙まで多種多様なモノを届ける配達人として活動をしている16歳の少年である。  出雲は配達人としての仕事に誇りを持っており、時折配達の仕事を馬鹿にする人に腹を立てながらも、日々の仕事に満足をしながら配達し続けている。  充実した日々を過ごしていた出雲はある日、普段は自身には回ってこない特別な依頼を受けたことにより運命を歯車が回り始める。    これは少年が配達の仕事を通して、未来を紡ぐ魔法の配達人の物語―― 他サイト様にも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 125,813 位 / 125,813件 ファンタジー 32,344 位 / 32,344件
文字数 60,733 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.14
 魔法それは超常の力であり、奇跡を可能にする夢の力である。だが、その超常の力は全ての人々に備わることはなかった。全世界で10%。たったそれだけの人々にしか超常の力である魔法を扱える力を宿してはいなかった。    主人公・黒羽出雲は魔法を扱える力を有していた。出雲はその才能を活かすために魔法教育を専門としている高等学校に入学したいと考えていた。その一つが国立中央魔法高等学校である。出雲がその学校を目指す理由は、魔法騎士団の一員として活動をしたいと考えていたからである。    この世界には各国に一つ、魔法を用いて人々を守る組織がある。その組織の名は魔法騎士団。魔法騎士団は武器と魔法を併用して人々を危険から守るいわば魔法を用いる警察組織として活動をしていた。  出雲は魔法騎士団の一員として働くために、魔法学校の一つである国立中央魔法高等学校に入学を希望していた。その夢を叶えるために、出雲は魔法使いの楽園と呼ばれている魔法学校に通い始める。 他サイト様にも掲載しております。
24hポイント 0pt
小説 125,813 位 / 125,813件 ファンタジー 32,344 位 / 32,344件
文字数 34,120 最終更新日 2021.03.29 登録日 2021.03.15
黒羽出雲十五歳。 出雲は一年前の十四歳のある日、親に捨てられ路頭に迷ってしまう。突然捨てられたことに戸惑う暇もなく、出雲は一人で生きていかなくてはならなくなった。家を失い、親から捨てられ、行く当てもなく町を彷徨っているとどこかの町の河川敷に辿り着いた。そこでは初めは雨風を防ぐ段ボールもなく濡れたまま過ごしていたが身体的、精神的に一人では限界が来ていた。しかしホームレスの人に話しかけて頼ることによって、段ボールや食料を分けてもらって生きることが出来たが、成長期の出雲には食料が足らなかった。日に日に痩せていく出雲はある日、河川敷にある橋の下で段ボールに包まっていると、目の前の景色が突如見えなくなってきた。 何が起きたかと出雲が考えていると、それは衰弱死する前兆であると察することが出来た。出雲はやっと死ねる、やっと楽になれると考えて次の人生は楽しく毎日を過ごしたいと思っていた。立ち上がるのさえ難しくなった痩せ細った足で辛くも立ち上がると、霞む景色を頼りに川の中に入って死のうと歩き始める。そして震える足で死ぬために歩くと、足元にあった小石に躓いて倒れてしまう。出雲は倒れたまま顔を上げて震える身体に鞭を打って起き上がって見た景色は、いつも見ていた眼に入る景色とは違っていた。 似ているようで似ていない世界。出雲はその世界で自身のため、出会った人達のために新たな世界で人生を懸けてやり直していく。 本作品は、他社サイト様にも投稿しております。
24hポイント 0pt
小説 125,813 位 / 125,813件 ファンタジー 32,344 位 / 32,344件
文字数 210,456 最終更新日 2020.09.14 登録日 2020.04.02
主人公黒羽愛理が生きる現代より数百年前、世界の理はある日突然崩れた。 いつもの日常の空に亀裂が走ると、その亀裂を割って未知の怪物が出現した。 未知の怪物が現れた瞬間より、この世は地獄に変化してしまう。 しかしその地獄に相当する恐怖に怯えながらも、怪物に立ち向かう人々が現れるのだが、怪物相手に効果はなかった。 絶望に世界が嘆き平和な世界が危機に瀕した瞬間、空から光の柱が世界中に降り注いだ。 その光の柱は日本にも多数降り注ぎ、降り注ぐ光の柱の中から世界を救う救世主が現れる。 その現れた救世主は光の柱から男女一組で現れ、逃げ惑う人々を怪物の脅威から救っていく。 救世主たちによって世界は救われ、救世主たちは自分たちのいるべき場所に帰っていくが、その救世主たちは嬉しいことに地球に置き土産を残してくれた。 それは、地球の人々が魔法を扱えるようにしてくれることであった。 現代武器に魔法が加わったことや、人間が単独で魔法を扱えるようにある種の進化を果たしていたのである。 そして、黒羽愛理が生きる現代。 人々は当たり前のように魔法を扱い、日常を生きていた。 だが、その日常の崩壊が近づいていることは誰も知る由もなかった。
24hポイント 0pt
小説 125,813 位 / 125,813件 ファンタジー 32,344 位 / 32,344件
文字数 89,613 最終更新日 2020.04.27 登録日 2019.10.06
天羽桜は普通の人間だった。 天羽桜は毎日を笑いながら過ごし、家族や友人達との日々の暮らしを満喫していた。 しかし、天羽桜が寝坊をしてしまったその日から全てが変わってしまう。 天羽桜は笑いあっていた日常を取り戻すために、戦うことを決める。 だが、戦うにつれて悩む天羽桜は悩みながらも襲いかかってくる脅威に立ち向かっていく。 この物語は世界に対する脅威を払い、日常を取り戻していく少女の物語である。
24hポイント 0pt
小説 125,813 位 / 125,813件 ファンタジー 32,344 位 / 32,344件
文字数 51,384 最終更新日 2020.01.05 登録日 2019.11.24
太陽の光が眩しい早朝。高等学校1年生の黒羽出雲は窓から降り注ぐ光によって目が覚めた。その日は出雲が楽しみにしていた音楽グループのライブ当日であったため、気持ちが高揚しているようである。出雲はライブ会場に到着をすると、突然巨大な地震と思える揺れが発生してしまう。ライブ会場にいた出雲を含めた人々は揺れの激しさから立っていられず、地面に手をついて揺れが収まるのを待つことにした。 突然発生した揺れが数十分間続き、周囲の建物の外壁が崩れる程の揺れが収まるとライブ会場から見える空の空間が割れた。その空間からは異形な姿をしている人型の怪物が数十体出現し、その中には言葉を発する怪物も混ざっていた。 ライブ会場にいた人々は、その怪物を見ると悲鳴を上げてその場から逃げていく。人を押し退けて逃げる人、その場に蹲ってしまう人など様々である。出雲はライブ会場の外にいたためにすぐに逃げることが出来た。出雲がライブ会場の側に交差点に逃げた時、一台の黒塗りのトラックが猛スピードで到着する。黒塗りのトラックから出て来た少女は一振りの刀を手にして怪物と対峙をし始めた。出雲と少女が出会った時、出雲の運命が動き出す。 他サイト様にも投稿をしています。
24hポイント 0pt
小説 20,312 位 / 20,312件 ファンタジー 8,095 位 / 8,095件
登録日 2021.01.24
9