紅月シン

紅月シン

主に小説家になろうで活動しています。
3
ファンタジー 連載中 長編 R15
 七歳の誕生日を迎えたその日に、レオン・ハーヴェイの全ては一変することになった。  才能限界0。  それが、その日レオンという少年に下されたその身の価値であった。  レベルが存在するその世界で、才能限界とはレベルの成長限界を意味する。  つまりは、レベルが0のまま一生変わらない――未来永劫一般人であることが確定してしまったのだ。  だがそんなことは、レオンにはどうでもいいことでもあった。  その結果として実家の公爵家を追放されたことも。  同日に前世の記憶を思い出したことも。  一つの出会いに比べれば、全ては些事に過ぎなかったからだ。  その出会いの果てに誓いを立てた少年は、その世界で役立たずとされているものに目を付ける。  スキル。  そして、自らのスキルである限界突破。  やがてそのスキルの意味を理解した時、少年は誓いを果たすため、世界最強を目指すことを決意するのであった。 ※小説家になろう様にも投稿しています
24hポイント 14,975pt
小説 106 位 / 50,666件 ファンタジー 40 位 / 16,617件
文字数 160,569 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.06.17
 聖女として異世界に召喚された狭霧聖菜は、聖女としての勤めを果たし終え、満ち足りた中でその生涯を終えようとしていた。  いや嘘だ。  本当は不満でいっぱいだった。  食事と入浴と睡眠を除いた全ての時間で人を癒し続けなくちゃならないとかどんなブラックだと思っていた。  だがそんな不満を漏らすことなく死に至り、そのことを神が不憫にでも思ったのか、聖菜は辺境伯家の末娘セーナとして二度目の人生を送ることになった。  しかし次こそは気楽に生きたいと願ったはずなのに、ある日セーナは前世の記憶と共にその身には聖女としての癒しの力が流れていることを知ってしまう。  そしてその時点で、セーナの人生は決定付けられた。  二度とあんな目はご免だと、気楽に生きるため、家を出て冒険者になることを決意したのだ。  だが彼女は知らなかった。  三百年の時が過ぎた現代では、既に癒しの力というものは失われてしまっていたということを。  知らぬままに力をばら撒く少女は、その願いとは裏腹に、様々な騒動を引き起こし、解決していくことになるのであった。 ※タイトル変えました(旧タイトル:転生した元聖女は気楽に過ごしたい) ※小説家になろう様にも投稿しています
24hポイント 667pt
小説 1,363 位 / 50,666件 ファンタジー 447 位 / 16,617件
文字数 143,350 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.04.27
ファンタジー 連載中 長編 R15
 ありとあらゆる魔法を知り、使いこなすと言われた者がいた。  千の時を魔法の探求に費やし、ついにはその深遠へと至り……だがその果てにあったのは、渇望であった。  全てを知り尽くして尚、まるで満足することは出来なかったのだ。  ゆえに、賢者とまで謳われた者は、最後の手段を取ることにした。  現存していないのであれば、存在している時に至ればいいと、未来へと転生することにしたのだ。  しかし千年後で賢者を迎えたのは、未知ではあるが劣化してしまった魔法の数々。  そして、魔法を使えぬという、自身に押された無能の烙印であり―― 「ふむ……? 普通に魔法使えるのじゃが?」  だがそんなことは知ったことかとばかりに、最強の力を宿した少女は、劣化してはいるも確かに未知な魔法を学ぶため、好き勝手に行動するのであった。  ※第一章完結しました。第二章の公開は未定。
24hポイント 603pt
小説 1,479 位 / 50,666件 ファンタジー 486 位 / 16,617件
文字数 222,236 最終更新日 2019.03.08 登録日 2019.02.07
3