最強Fランク冒険者の気ままな辺境生活?

旧題:世界最強の元Sランク勇者は、Fランクの冒険者となって今日も無自覚にチートを振りまく

 書籍版第三巻発売中&コミカライズ連載中です。

 史上最年少でSランクの称号を手にし、勇者と呼ばれた少年がいた。
 その力によって魔王との長きに渡った戦争を終結へと導き、だがそれを見届けた少年は何も言わずに姿を消してしまう。
 それから一年。
 魔王ですら手を出すことを恐れたとされ、人類が未だその先へと足を踏み入れることを許されていない魔境――辺境の街ルーメン。
 人類の最前線などとも呼ばれるそこに、一人の冒険者が姿が現した。
 しかしその冒険者はFランクという最下位であり、誰もがすぐに死ぬだろうと思っていた。
 だが彼らは知らなかったのだ。
 その冒険者は、かつて勇者と呼ばれていた少年であったということを。
 何だったら少年自身も知らなかった。
 そう、少年は自分が持つ力がどれだけ規格外なのかも知らず、その場所にも辺境の街とか言われているからのんびり出来るだろうとか思ってやってきたのだ。
 かくして少年は、辺境(だと思っている魔境)で、スローライフ(本人視点では確かに)を送りながら、無自覚に周囲へとチートを振りまくのであった。

※書籍版三巻発売に伴い、第三章と整合性が取れなくなってしまったため、取り下げました。
24hポイント 127pt
小説 9,553 位 / 140,076件 ファンタジー 1,927 位 / 34,247件

処理中です...
本作については削除予定があるため、新規のレンタルはできません。