元最強賢者は嘆かない~千年後に転生したら無能扱いされましたが好き勝手にやろうと思います~

 ありとあらゆる魔法を知り、使いこなすと言われた者がいた。
 千の時を魔法の探求に費やし、ついにはその深遠へと至り……だがその果てにあったのは、渇望であった。
 全てを知り尽くして尚、まるで満足することは出来なかったのだ。

 ゆえに、賢者とまで謳われた者は、最後の手段を取ることにした。
 現存していないのであれば、存在している時に至ればいいと、未来へと転生することにしたのだ。

 しかし千年後で賢者を迎えたのは、未知ではあるが劣化してしまった魔法の数々。
 そして、魔法を使えぬという、自身に押された無能の烙印であり――

「ふむ……? 普通に魔法使えるのじゃが?」

 だがそんなことは知ったことかとばかりに、最強の力を宿した少女は、劣化してはいるも確かに未知な魔法を学ぶため、好き勝手に行動するのであった。

 ※第一章完結しました。第二章の公開は未定。
24hポイント 49pt
小説 16,167 位 / 143,559件 ファンタジー 2,765 位 / 34,616件