春清

春清

はじめまして、春清と申します。 小説家になろう様では《サとシ》の名前で稚拙な小説を挙げております。 ある作品の大幅な改編版をアルファポリス様でさせていただいております。
3
 どこにでもいる普通のサラリーマンの蔵田悟。 彼ははある日、上司の悪態を吐きながら深酒をし、目が覚めると見知らぬ世界にいた。 そこは剣と魔法、人間、獣人、亜人、魔物が跋扈する異世界フォートルードだった。  この世界には稀に異世界から《迷い人》が転移しており、悟もその1人だった。  帰る方法もなく、途方に暮れていた悟だったが、通りすがりの商人ロンメルに命を救われる。  そして稀少な能力である鑑定能力が自身にある事がわかり、ブロディア王国の公都ハメルンの裏通りにあるロンメルの店で働かせてもらう事になった。  そして、ロンメルから店の番頭を任された悟は《サト》と名前を変え、命の恩人であるロンメルへの恩返しのため、商店を大きくしようと鑑定能力を駆使して、海千山千の商人達や荒くれ者の冒険者達を相手に日夜奮闘するのだった。
24hポイント 681pt
小説 1,857 位 / 96,153件 ファンタジー 454 位 / 26,104件
文字数 115,974 最終更新日 2021.03.01 登録日 2020.11.16
 ヴァランタイン帝国の片田舎ダウスター領に最下階位の平民の次男として生まれたリクト。  しかし、両親は悩んだ。次男であるリクトには成人しても継ぐ土地がない。  このままではこの子の未来は暗いものになってしまうだろう。  そう思った両親は幼少の頃よりリクトにを鍛え上げる事にした。  父は家の蔵にあったボロボロの指南書を元に剣術を、母は露店に売っていた怪しげな魔導書を元に魔法を教えた。    それから10年の時が経ち、リクトは成人となる15歳を迎えた。  両親の危惧した通り、継ぐ土地のないリクトは食い扶持を稼ぐために、地元の領軍に入隊試験を受けると、両親譲りの剣術と魔法のおかげで最下階級の二等兵として無事に入隊する事ができた。  軍と言っても、のどかな田舎の軍。  リクトは退役するまで地元でのんびり過ごそうと考えていたが、入隊2日目の朝に隣領との戦争が勃発してしまう。  おまけに上官から剣の腕を妬まれて、単独任務を任されてしまった。  その任務の最中、リクトは平民に対する貴族の専横を目の当たりにする。  生まれながらの体制に甘える貴族社会に嫌気が差したリクトは軍人として出世して貴族の専横に対抗する力を得ようと立身出世の道を歩むのだった。    剣と魔法のファンタジー世界で軍人という異色作品をお楽しみください。
24hポイント 546pt
小説 2,209 位 / 96,153件 ファンタジー 532 位 / 26,104件
文字数 175,521 最終更新日 2021.02.27 登録日 2020.10.20
 神々怜王は物心ついた頃から祖父の至と暮らしていた。  しかし、怜王16歳の歳に至は臨終の床に伏していた。  力なく横たわる至の姿を怜王は己の不甲斐なさを感じながら見守る事しかできなかった。  そんな折に、『神』を名乗る1人の女性が現れた。  超常的な力を見せる女性を見て、怜王と至は思った。   「こいつを倒したら爺ちゃん(儂)は死ななくて済むんじゃね?」  そう思った怜王と死にかけの至は神を名乗る女性に戦いを挑む。  最初は余裕を見せていた女性も2人の人間離れした全力に徐々に押されていった。  そして、2人のトドメの一撃が急所に入ろうとした刹那、神の女性が叫んだ。 「あ、新しい世界でその力を試してみない!?」  この物語は剣と魔法の異世界を拳で生き抜く脳筋の物語である。
24hポイント 21pt
小説 16,493 位 / 96,153件 ファンタジー 3,151 位 / 26,104件
文字数 5,923 最終更新日 2021.02.21 登録日 2021.02.11
3