まえはる

まえはる

まえはると申します! 好きなBLは 今はオメガバースですね 拙い文章ですが 読んでいただけたら嬉しいです(●´ω`●) よろしくお願いします!
4
今まで抑えてきた感情 捨て去ることのできなかった思い 全てが全て胸に閉じ込められたまま ふつふつふつふつとにえている 今やらなければ 今しかできないから 控えめに燃えている青い炎は ふつふつふつふつと 次第に強まる
24hポイント 0pt
小説 87,044 位 / 87,044件 現代文学 3,982 位 / 3,982件
文字数 2,449 最終更新日 2020.07.13 登録日 2017.02.13
とんたはかわいい無職の男の子 たまに文字の練習をしています。 そのかわいさにみんなとんたを かわいがります。 とんたは幸せなのですが どんどんと幸せがわからなくなり麻痺していきます。 もしかしたらじぶんは幸せじゃないかもしれない なら探してみようと思いたって 旅に出るというようなお話です。
24hポイント 0pt
小説 87,044 位 / 87,044件 現代文学 3,982 位 / 3,982件
文字数 684 最終更新日 2020.07.13 登録日 2020.06.18
恋愛 連載中 長編
いつものような朝だった しかしいつもとは違い身体がだるい 頭を触っても別段あついというわけではない ああそうか昨日飲み過ぎたのか そう思ってふと気づく 隣の婦人は誰だろう その婦人は滑らかな身体つきと胸の谷間の陰影がはっきりとした美しい人だった 僕は慌てずしっかりと昨日のことを確認しようとした矢先 「あら、もう起きたの」 と寝ぼけ眼で僕の足に絡みついてくる ここは単刀直入にいわないといけない気がして 「昨晩の失態どうぞお忘れくください」 んん、なんだ違和感だぞ 僕は一体、今なんと言ったんだ 昨晩の失敗だと、いやいやいや そもそも覚えてないんだぞ そうやっていうほうが怪しいじゃないか やったやったやってしまった 「昨晩?」 婦人はキョトンとしていた 「あらあら、まさか…ふふしませんよ そんなことあなたが怖がるから」 そういってスルリと婦人は僕の内股に手をおいてゆっくりと撫でた そこから羞恥が駆け巡る
24hポイント 0pt
小説 87,044 位 / 87,044件 恋愛 22,957 位 / 22,957件
文字数 571 最終更新日 2020.07.13 登録日 2017.02.01
詩とは何か文藝とは何かそれを 僕は描きたい 僕はそれを知らないから 未知なる世界への探究心みたいなものに 突き動かされ筆をとる
24hポイント 0pt
小説 87,044 位 / 87,044件 現代文学 3,982 位 / 3,982件
文字数 2,514 最終更新日 2020.07.13 登録日 2020.05.11
4