柑橘レモン

柑橘レモン

3
恋愛 連載中 長編
「いい加減お前にはうんざりだ」 そう言ってはじまった、婚約者による婚約破棄。 華やかさも色気もないと言われたけど、それには理由がある。 私の母親は毒花と呼ばれるような女性だった。だからお父様は同じようにはなるなと言って、私にお洒落を禁じた。 だけどそれで婚約を破棄され、お父様にも「あの女の娘のくせに」とまで言われてしまった。 言われた通りにしても幻滅されるのなら、もう我慢なんてしません。
24hポイント 319pt
小説 4,291 位 / 127,886件 恋愛 2,152 位 / 37,987件
文字数 51,368 最終更新日 2021.07.26 登録日 2021.06.07
恋愛 連載中 短編
誰も愛せないはずの男のもとに嫁いだはずなのに、彼は愛を得た。 私とは違う人との間に。 愛されたいと願ったお飾り王妃は自らの人生に終止符を打ち――次の瞬間、嫁ぐ直前で目を覚ました。
24hポイント 319pt
小説 4,291 位 / 127,886件 恋愛 2,152 位 / 37,987件
文字数 23,750 最終更新日 2021.07.01 登録日 2021.06.03
恋愛 完結 長編
シェリル・アンダーソンは侯爵家の一人娘として育った。だが十歳のある日、病弱だった母が息を引き取り――その一年後、父親が新しい妻と、そしてシェリルと一歳しか違わない娘を家に連れてきた。 これまで苦労させたから、と継母と妹を甘やかす父。これまで贅沢してきたのでしょう、とシェリルのものを妹に与える継母。あれが欲しいこれが欲しい、と我侭ばかりの妹。 シェリルが十六を迎える頃には、自分の訴えが通らないことに慣れ切ってしまっていた。 そうしたある日、婚約者である公爵令息サイラスが婚約を破棄したいとシェリルに訴えた。 シェリルの頭に浮かんだのは、数日前に見た――二人で歩く妹とサイラスの姿。 またか、と思ったシェリルはサイラスの訴えに応じることにした。 ――はずなのに、何故かそれ以来サイラスがよく絡んでくるようになった。
24hポイント 504pt
小説 2,953 位 / 127,886件 恋愛 1,488 位 / 37,987件
文字数 81,494 最終更新日 2021.06.08 登録日 2020.10.15
3