馳倉ななみ/でこぽん

馳倉ななみ/でこぽん

お読みいただき、ありがとうございます! いろんな所にアカウントがありますが、主な生息地はアルファポリスさんです。 (webサイトは『小説家になろう』さんのマイページへのリンクとなっております)
4
恋愛 連載中 長編 R15
聖女をやめたい『伝説の聖女』 × キスで美青年に戻る『ぬいぐるみ姿の魔王』 魔王は封印された。勇者パーティの一人、十六歳の聖女ルチルを巻き添えにして――……。 ――それから百年。 目覚めの時は唐突に訪れた。 魔王の魔力をほぼほぼ吸い尽くし、ルチルは魔力つよつよとなって目覚めた。 彼女の目の前には、フェルトで出来たぬいぐるみが。 「おはようございます。あの時封印された魔王です」 「……は?」 魔力を吸われて無力化された魔王は、人形の姿になっていた。 さらにぬいぐるみは彼女の手を取って続ける。 「覚えていますか? 封印の直前、僕の顔面に蹴りを入れたことを?」 「そ、そんな事もあったかもしんない……」 「あの靴底に、僕は初めて人の愛を感じたんです!」 「おかしいよ! お前はよ!!」 ぬいぐるみ魔王は自ら彼女のしもべと成り下がり、魔力供給に口づけを求めてくる始末。 一方百年後の世界では、ルチルはその身を挺して魔王を封印した高潔なる聖女として伝説になっていた。 だが、育てられた宗教施設で虐待されたあげく自分の意に反して『聖女』にされたルチルは、『聖女』という清廉潔白な肩書き自体を嫌っていた。 「もう聖女やめる! 『全ての人の幸せ』とか知らん! 自分が幸せになることを第一に考えます!」 彼女は、今度は自分自身のために力を使おうと決意。 伝説の聖女本人であることは隠し、魔女として森でハーブの栽培やポーション作りをしてのんびりひっそり第二の人生を歩み始める。 だが、彼女の作ったポーションが領主の息子を救ったことで『奇跡のポーション』などとと呼ばれ出したり。 素材集めに魔物退治に行けば、魔王から受け継いだ魔力で初級の攻撃魔法でも一撃必殺の威力だったり。 やがて彼女は『境界の魔女』として意図せずその名を馳せていくようになる。 ※サブタイトルにキャラクター名が入っているお話しは、ヒーロー視点・三人称です。
24hポイント 0pt
小説 99,522 位 / 99,522件 恋愛 27,695 位 / 27,695件
文字数 36,451 最終更新日 2021.03.07 登録日 2021.01.31
恋愛 完結 短編 R15
完結しました! 産まれながらにして『吸魔』の能力を持っていたファナは、領主の正室の一人娘であるにもかかわらず地下に幽閉されて育った。 意図せずして、他人や道具に込められた魔力を吸い取ってしまうためだ。 母親は彼女を産むと同時に亡くなり、城の中では側室だった義母と腹違いの妹が実権を握っていた。 ファナは夜な夜な部屋を抜け出しては、地下の隠し通路を通って、城の書庫や庭のハーブ園へと遊びに行くことを楽しみにしていた。 十歳のある夜。 地下牢から、悲しげな泣き声が聞こえてきた。 幽霊を期待してこっそり見に行くと、そこにいたのは子犬の獣人。 怪我をし泣く子犬を哀れに思い、自室に連れ帰り手当てをする。 さらに、城の裏手の森の中まで迎えに来た家族に彼を返すと、子犬は自分のたてがみの一部を切ってファナに渡し言った。 「大きくなったらお嫁さんになってくれる?」 子供の戯れ言と頷いたファナだったが、七年後、彼は本当に再びやってきた。 見たこともない翼の生えた馬を駆り、結納金代わりの大量の宝石を携えて。 東の果て獣人の国の第二王子であった彼は、最早『子犬』とは呼べない美丈夫に成長し、しかし中身の純真さはそのまま、ファナに一途に好意を伝え続ける。 嫁いだ獣人の国では、愛される第二王子の命の恩人にして運命のつがいと国を挙げての歓迎ムード。 さらに忌み嫌われてきた『吸魔』の能力は、実はファナを介して豊穣の女神へ魔力を捧げていたと分かる。 獣人の国はますます豊かに。 一方、女神の加護を失った生まれ故郷は、干ばつや水害などが続き、市民は食べる物にも窮するように。 そんな中でも贅沢を止めない王族に、ついにはクーデターが起きる。 だが獣人達は決してそのことをファナに伝えない。 心優しい姫君が助けに行くなどと言わないように。 愛すべき第二王子夫人が心穏やかに幸せに暮らせるように。 彼女を虐げてきた国が滅んでいくのを、目を細めて見守るのだ。 ※【interlude】と書いてある章はメイドのカミル視点です。
24hポイント 113pt
小説 6,945 位 / 99,522件 恋愛 3,238 位 / 27,695件
文字数 40,186 最終更新日 2021.02.10 登録日 2021.01.29
完結しました!    小学五年生のヒカルは、ちょっと怖いトラブルに巻き込まれがち。   幽霊や神さま、目には見えないあやかしに、油断していると手を引かれそうになる。   いつも助けてくれるのは、セーラー服を着た社会不適合者の女子高生、通称『先生』。   商店街の古書店を根城に、ほんのりホラーな事件を二人で解決していきます。   第一章『首吊り桜』   「学校の裏山にある桜の樹には決して近いてはいけないよ」   先生からそう言われていたのに、クラスメイトに巻き込まれて裏山に行ってしまったヒカル。直後から、後ろをつけてくる姿の見えない足音が聞こえる様になって……。    第二章『眠り姫の家』   ヒカルは3日連続で奇妙な夢を見ていた。誰もいない家の中のそこかしこから、誰かの気配がする夢だ。程なくして夢の中で同じ学校の少女と出会う。けれども彼女は、長い間夢から目覚めていないと言って……。    第三章『宇宙のリゲル』   ある日古書店に若い女性のお客さんが来る。彼女は母親との思い出の本を探しているのだと言う。タイトルは『宇宙のリゲル』。しかし店にあった本と、彼女の記憶の中の本とは別物で……。    第四章『シロと黒い水』   ヒカル達は三連休を利用して田舎の古民家へと旅行に来た。そこは不思議な伝説と不気味な雰囲気の漂う場所。胡乱な青年から貰った桃を食べた仲間が倒れてしまい、ヒカルは解毒薬を条件に『ちょっとした頼まれごと』をする事に……。   
24hポイント 0pt
小説 99,522 位 / 99,522件 キャラ文芸 2,636 位 / 2,636件
文字数 75,336 最終更新日 2021.01.21 登録日 2020.12.20
一人暮らしの女子大生の家に潜んでいたのは、小さなモフモフ宇宙人テロリストだった。
24hポイント 28pt
小説 14,656 位 / 99,522件 ライト文芸 292 位 / 4,267件
文字数 4,126 最終更新日 2020.11.14 登録日 2020.11.14
4