じゅうや

じゅうや

音楽たくさん聞きます。よろしくお願いします。
3
恋愛 連載中 長編 R15
蝉たちが泣き始め、本格的な夏を感じさせる7月。 小さい頃から祖父と、毎年地元の花火大会に行っていた花道健斗(はなみちけんと)。大学2年生になった彼は今年も祖父と一緒に行く予定だったが、彼の祖父は5月に亡くなり、今年は1人で花火を観に行くことにしたケント。これまで浴衣を着てこなかった彼だが、祖父の浴衣を着て会場へ向かい、祖父のこと思いながら1人寂しく花火を眺めていた。 そんな1人でいる彼を見て興味を惹かれた、社会人2年目の独身OLの隅田麗火(すみだれいか)。 __夏の風物詩であり、大盛況の花火の下、彼らは出会った。 ※カクヨム様、小説家になろう様でも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 96,164 位 / 96,164件 恋愛 26,510 位 / 26,510件
文字数 21,155 最終更新日 2019.07.28 登録日 2019.07.22
青春 連載中 長編 R15
春から浅川高校に入学した神田道大(かんだみちだい)。平凡でまったりとした青春を望む彼の前に現れた金髪ヤンキー…ではなく金髪ショートでコミュ障の白石絵梨乃(しらいしえりの)。彼女は自分の人見知りなところを治したいので神田に協力を要請するが、不器用な彼女に振り回されトラブルの連続…?この出会いにラブコメの波動を感じるかどうかはあなた次第!これは、彼らと愉快な仲間たちの日常を描いた王道青春ラブコメ。
24hポイント 0pt
小説 96,164 位 / 96,164件 青春 3,861 位 / 3,861件
文字数 8,286 最終更新日 2019.07.28 登録日 2019.07.26
大学4年生になり、就活真っ只中である林道悟(りんどうさとる)。 ある日の就活中、面接を受けた会社の近くに奇妙な喫茶店を見つけた悟は、興味本位でその店に入った。 中は本棚がずっしりと並んでおり、まるで図書館のような雰囲気だった。頼んだカフェオレを飲みながら本棚から取り出した赤い本を読む。不思議な赤い本を読み終え、会計をしようと立ち上がろうとすると、目眩が起き、そのまま横たわってしまう。倒れた彼の元へ歩み寄るマスター。悟が気を失う寸前、マスターはスパイが正体を明かすかのように顔のマスクを取り、彼に素顔を見せる。それから彼は、悟にこう言い放った。 「最後のチャンスだ…頼むぜ、俺…」 喫茶店のマスターの正体は…もう1人の林道悟だった…。 目が覚めると元いた世界とは異なる異世界に。 「さてと、こんな身体になったがこれからよろしくな…相棒。」 「…へ?どっから声が…」 「お前の肩に乗ってるぞ」 そう、もう1人の自分の姿は…召喚獣でもなく、武具でもなく…コーヒーカップに入ったカフェオレだった…。 __これは…彼らが生き残るための…物語である。
24hポイント 0pt
小説 96,164 位 / 96,164件 ファンタジー 26,104 位 / 26,104件
文字数 9,847 最終更新日 2019.07.24 登録日 2019.07.19
3