君にとって花火は何色ですか?

蝉たちが泣き始め、本格的な夏を感じさせる7月。
小さい頃から祖父と、毎年地元の花火大会に行っていた花道健斗(はなみちけんと)。大学2年生になった彼は今年も祖父と一緒に行く予定だったが、彼の祖父は5月に亡くなり、今年は1人で花火を観に行くことにしたケント。これまで浴衣を着てこなかった彼だが、祖父の浴衣を着て会場へ向かい、祖父のこと思いながら1人寂しく花火を眺めていた。
そんな1人でいる彼を見て興味を惹かれた、社会人2年目の独身OLの隅田麗火(すみだれいか)。

__夏の風物詩であり、大盛況の花火の下、彼らは出会った。

※カクヨム様、小説家になろう様でも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 96,385 位 / 96,385件 恋愛 26,615 位 / 26,615件