もう1人の自分は召喚獣でもないただのカフェオレだった件

大学4年生になり、就活真っ只中である林道悟(りんどうさとる)。
ある日の就活中、面接を受けた会社の近くに奇妙な喫茶店を見つけた悟は、興味本位でその店に入った。
中は本棚がずっしりと並んでおり、まるで図書館のような雰囲気だった。頼んだカフェオレを飲みながら本棚から取り出した赤い本を読む。不思議な赤い本を読み終え、会計をしようと立ち上がろうとすると、目眩が起き、そのまま横たわってしまう。倒れた彼の元へ歩み寄るマスター。悟が気を失う寸前、マスターはスパイが正体を明かすかのように顔のマスクを取り、彼に素顔を見せる。それから彼は、悟にこう言い放った。

「最後のチャンスだ…頼むぜ、俺…」

喫茶店のマスターの正体は…もう1人の林道悟だった…。

目が覚めると元いた世界とは異なる異世界に。

「さてと、こんな身体になったがこれからよろしくな…相棒。」
「…へ?どっから声が…」
「お前の肩に乗ってるぞ」


そう、もう1人の自分の姿は…召喚獣でもなく、武具でもなく…コーヒーカップに入ったカフェオレだった…。


__これは…彼らが生き残るための…物語である。

24hポイント 0pt
小説 99,747 位 / 99,747件 ファンタジー 26,846 位 / 26,846件