新緑あらた

新緑あらた

4
最難関であるS級ダンジョン最深部の隠し部屋。金銀財宝を前に告げられた言葉は労いでも喜びでもなく、解雇通告だった。 「もうオマエはいらん」 勇者アレクサンダー、癒し手エリーゼ、赤魔道士フェルノに、自身の黒髪黒目を忌避しないことから期待していた俺は大きなショックを受ける。 ヤツらは俺の外見を受け入れていたわけじゃない。ただ仲間と思っていなかっただけ、眼中になかっただけなのだ。 転生者は曾祖父だけどチートは隔世遺伝した「俺」にも受け継がれています。 勇者達は大富豪スタートで貧民窟の住人がゴールです(笑)
24hポイント 3,373pt
小説 373 位 / 57,396件 ファンタジー 146 位 / 18,816件
文字数 272,629 最終更新日 2019.10.17 登録日 2018.06.05
『花園の乙女』――それは植物の生育を助ける力を持つ特別な乙女。  彼女のおかげで、小さな公国は緑に溢れ、豊富な農作物を収穫することができていた。  しかし、バカな王太子は『花園の乙女』を強引に手込めにしたあげく、婚約破棄まで行ってしまう。  馬鹿王太子の家庭教師の一人カヴァンスは、姫様やメイドなどと一緒に公国をどうにかするために奔走する。
24hポイント 1,215pt
小説 837 位 / 57,396件 ファンタジー 289 位 / 18,816件
文字数 29,375 最終更新日 2019.10.17 登録日 2019.10.01
ありもしない罪の数々を着せられ、婚約破棄された女は、嵐の晩に死んだはずだった。 三年後、ノラ薬品店で働く売り子となった女は、心の中のやまない雨を止めるため、王国を滅ぼすことにした。
24hポイント 468pt
小説 1,713 位 / 57,396件 ファンタジー 537 位 / 18,816件
文字数 15,462 最終更新日 2019.10.15 登録日 2019.10.01
魔王を倒して実家に帰ると、魔王より恐ろしい敵が待っていた……! お見合いを勧めてくる両親や親戚たちだ。 聖女ユリア・システィーナは十五歳までは男子禁制の修道院で育ち、十五歳から三十歳までは魔王を倒すために冒険をしていた。 また高嶺の花過ぎて、男達から距離を取られていたせいもある。家柄、性格、能力、外見、魔法の腕、実績、勲章、肩書き……まさに完全無欠だった。そのうえ魔王を倒して世界に平和をもたらした立役者の一人になったのだ。 平和な世界の中、アラサー聖女様は行き遅れてしまった……! これはそんなアラサー聖女様の婚活物語。
24hポイント 106pt
小説 4,795 位 / 57,396件 恋愛 1,863 位 / 13,699件
文字数 22,491 最終更新日 2019.10.01 登録日 2019.09.11
4