3
後継者になるため、師の娘と政略結婚をすることになった。 彼女とは一度も会ったことがなかったが、愛して大切にしようと決めていた。 ところが、初めて会った彼女はこちらを凄まじい形相で睨みつけてきて──。 1600字程度の短いお話です。 小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 7pt
小説 17,906 位 / 60,891件 恋愛 6,010 位 / 14,832件
文字数 1,696 最終更新日 2019.04.25 登録日 2019.04.25
イリスとジルはお見合いで出会って婚約しました。 ジルは寡黙で無愛想と聞いていたけれど、イリスの前ではよくしゃべりよく笑います。 その理由は、ジルが咲かせてイリスにくれた「運命の花」が二人は運命の人だと示していたからだとイリスは考えています。 ところが、あるとき自分こそがジルの運命の相手だと言う女性が現れ、ジルの親しい友人からも「ジルはイリスに花を渡すのを渋っていた」と言われてしまいます。 そしてジルが本当はイリスに「運命の花」を渡していなかったことを知ってしまい──。  小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 14pt
小説 15,084 位 / 60,891件 恋愛 4,987 位 / 14,832件
文字数 16,096 最終更新日 2019.03.05 登録日 2019.03.04
最愛を得ることで、王国に平穏をもたらすとされる黒髪王子。 彼の妃は召喚の儀式によって呼び出されることが決まっていた。 そして現れたのは、異世界から⋯⋯ではなく近所に住む一風変わった育ちの娘だった。 彼女には今の仕事を辞めたくない、王宮に引っ越しもしたくない理由があった。 すると黒髪王子は自らの秘密を明かしていって──。 小説家になろうにも投稿しています。 タイトル変更しました。
24hポイント 7pt
小説 17,906 位 / 60,891件 恋愛 6,010 位 / 14,832件
文字数 10,650 最終更新日 2019.03.05 登録日 2019.03.04
3