HATI

HATI

好きな言葉は“NOTHING IS IMPOSSIBLE.”(不可能なものはない)
4
帝国の冒険者として大成し、天騎士なんて呼ばれた俺。帝国最強のパーティーの前衛として前途洋々だったのだが、ある日突然帝国最強のパーティーの前衛では無くなってしまった。 他の二人が結婚して隠居するんじゃ、どうしようもない。 ※7/4タイトルに関していくつか感想をいただきましたので修正しました。 7/4 HOTランキング4位ありがとうございます。 7/9 お気に入り1000件ありがとうございます。
24hポイント 362pt
小説 4,129 位 / 148,838件 ファンタジー 801 位 / 35,457件
文字数 51,787 最終更新日 2022.07.31 登録日 2022.06.24
とあるMMORPGに嵌っている男。 育て終わったキャラから切り替えて新しいキャラを作成し、育てていた。 起きると見知らぬ場所に放り出され、身体は育てていたキャラクター。 そこから始まったのは、男にとって過酷な物語。 与えられた力は天下無双には遥かに遠く、立ちはだかる敵は強大無比。 寄り添うのは竜の血を引いた少女と、仲間達。 彼の戦いが否応無く幕を開けた。 ※戦闘等でやや過激と思われる表現があるため御注意下さい。
24hポイント 0pt
小説 148,838 位 / 148,838件 ファンタジー 35,457 位 / 35,457件
文字数 112,696 最終更新日 2022.07.07 登録日 2022.06.21
ラーゲン王国では、長らく聖女が現れなかった。 100年という長き日を跨ぎ、ようやく生まれた聖女。ティアナ。 公爵令嬢として生まれた彼女は聖女として大いに期待され、王太子との婚約も早々に決まっていた。 順風満帆だった彼女の人生があっさりと崩れ去ったのは、聖女としての力があまりにも乏しいと判明してからだった。 常に人に囲まれていた日々は遠のき、仲が良かったと思っていた他家の令嬢たちは誰一人話しかけてこない。家族と家の使用人以外、味方が居なくなった上にとどめになったのは王太子の言葉だった。 「お前との婚約は破棄だ。無能を后には迎えられない」 私はショックで数日寝込んだ後、水ものどを通らず、耐えかねて神殿でずっと祈りをささげていた。 神様、なぜ私を聖女になど選んだのですか? 答えを返してくれたのはなぜか武をつかさどる神様でした。 「お前は武の極みに至れる」 「はい?」 私は決意しました。強くなろうって。
24hポイント 127pt
小説 9,324 位 / 148,838件 ファンタジー 1,864 位 / 35,457件
文字数 26,378 最終更新日 2022.07.07 登録日 2022.06.22
魔法と科学が共に発展した世界。 世界を作った神様はいなくなったけれど。 妖怪も八百万の神々も悪魔だって現役で暴れる日の本で、とびきり強い少女がいた。 容姿は可憐。黒いインナーの上に青いパーカーがトレードマーク。長い銀髪と合わせて、人は少女をこう呼んだ。 青銀鬼、と。 どいつもこいつも悪さばかり。 青銀鬼は今日も棍棒がわりの大剣で立ち向かう。
24hポイント 0pt
小説 148,838 位 / 148,838件 ファンタジー 35,457 位 / 35,457件
文字数 4,766 最終更新日 2022.06.21 登録日 2022.06.19
4