色数

色数

しきすと呼びます。どうぞよしなに〜。お友達募集中なので、ついったにも遊びに来てくれるとうれしいです。お気軽に声をかけていただけると。年の差、体格差好き、BLNLGL節操なしです。
3
人魚は誓いを交わした人間に、航海の安全と永遠の命を約束する。 そんな人魚である自分を奪うために、アリオンは海軍提督の父をならず者の海賊、ディアギレフに殺された。 男装し、復讐のために海賊船に乗り込んだアリオンは、そこで予想もしない歓迎を受ける。 男の命をつけ狙いながら海賊船で過ごすうち、徐々にアリオンはかつて自分がこの船に乗っていたことに気づいてしまった。 そして最も忌むべき男と、人魚の契約を交わそうとしたことを。 優しかった父の裏の顔、どうして自分は船を降りることになったのか。 ディアギレフの言う、「俺の人魚」とはいったい誰を意味するのか。 ≪――――アリオンと、ディアギレフは、ずっと一緒にいるの≫ 幼い過ちの記憶と復讐に板挟みになりながら、少女が漕ぎだす「航海」の果ては。
24hポイント 0pt
小説 91,547 位 / 91,547件 ファンタジー 25,583 位 / 25,583件
文字数 64,279 最終更新日 2020.12.09 登録日 2020.09.05
BL 連載中 長編 R18
「――あなたが欲しかったのはおれじゃない」 身分社会の最下層、混血の不可触民であるモモセは、奴隷商人に捕まったことをきっかけに貴族階級と思しき男、ウルドに買われることになる。彼はモモセを「ずっと探していた」と言い、躊躇うことなく抱きしめた。 ウルドは神から見放され、忌み嫌われてきたモモセを屋敷へ連れ帰り、盲目的に溺愛する。 貴い男を穢す罪の意識と、はじめて求められる歓びに押しつぶされるモモセ。 けれど仔どもは覚えている。運命のあの日、男が倒れ伏すモモセを見て、知らぬ誰をかの名前を呟いたことを――。 十年選手の執着男×恋を知れないケモノ少年の、すれ違い主従もの。
24hポイント 28pt
小説 14,220 位 / 91,547件 BL 2,416 位 / 9,009件
文字数 120,084 最終更新日 2020.11.02 登録日 2020.05.14
「ああそうだ、――死んでしまえばいい」と、思ったのだ。 時は江戸。 開国の音高く世が騒乱に巻き込まれる少し前。 その異様な仔どもは生まれてしまった。 老人のような白髪に空を溶かしこんだ蒼の瞳。 バケモノと謗られ傷つけられて。 果ては誰にも顧みられず、幽閉されて独り育った。 願った幸福へ辿りつきかたを、仔どもは己の死以外に知らなかった。 ――だのに。 腹を裂いた仔どもの現実をひるがえして、くるりと現れたそこは【江戸裏】 正真正銘のバケモノたちの住まう夜の町。 魂となってさまよう仔どもはそこで風鈴細工を生業とする盲目のサトリに拾われる。 風鈴の音響く常夜の町で、死にたがりの仔どもが出逢ったこれは得がたい救いのはなし。
24hポイント 21pt
小説 16,334 位 / 91,547件 キャラ文芸 397 位 / 2,721件
文字数 133,484 最終更新日 2020.07.14 登録日 2019.11.25
3