春志乃

春志乃

猫をこよなく愛する文字書きです。*全ての作品において他の言語への翻訳、または、海外ブログ等への掲載などの依頼は全てお断りさせて頂いておりますのでご了承下さい。
2
ファンタジー 連載中 長編 R15
「真尋くん! その人、そんなんだけど一応神様だよ! 偉い人なんだよ!」 「知るか。俺は常識を持ち合わせないクズにかける慈悲を持ち合わせてない。それにどうやら俺は死んだらしいのだから、刑務所も警察も法も無い。今ここでこいつを殺そうが生かそうが俺の自由だ。あいつが居ないなら地獄に落ちても同じだ。なあ、そうだろう? ティーンクトゥス」 「す、す、す、す、す、すみませんでしたあぁあああああああ!」 これは、馬鹿だけど憎み切れない神様ティーンクトゥスの為に剣と魔法、そして魔獣たちの息づくアーテル王国でチートが過ぎる男子高校生・水無月真尋が無自覚チートの親友・鈴木一路と共に神様の為と言いながら好き勝手に生きていく物語。 主人公は一途に幼馴染(女性)を想い続けます。話はゆっくり進んでいきます。 教会、神父、などが出てきますが実在するものとは一切関係ありません。 初投稿です。 三日に一度くらい更新できたらいいなぁ、と思っておりますので気長にのんびりお付き合いください♪ なろうにも投稿しています。 ※無断転載は厳に禁じます
24hポイント 1,888pt
小説 500 位 / 37,373件 ファンタジー 213 位 / 13,375件
文字数 1,304,920 最終更新日 2018.11.18 登録日 2017.04.11
恋愛 完結 長編 R15
訳あり伯爵令嬢のリリアーナは、10歳年上のスプリングフィールド侯爵、ウィリアム・ルーサーフォードと一年前に政略結婚で結ばれたが、旦那様となったウィリアムは、優秀な騎士でもあり王国の英雄だ。 だが極度の女嫌いで結婚前も含めて顔を合わせたのは三度きり。初夜にはお飾りの妻でもなく、戸籍上だけの妻でいろと言われてしまった。 訳ありの自分を妻に迎えてくれただけでも満足なリリアーナは心優しい使用人に囲まれて平穏な日々を過ごしていた。心残りは実家にいる最愛の幼い弟のことだけ……。 ところが旦那様が訓練中に転んで頭を打って、まさかの記憶喪失に!! そして、何故か記憶喪失になってしまった旦那様は急にリリアーナに興味を持ち始め、食事を共にしたり、ドレスをくれたり、さらに馬車では旦那様の膝の上?! 旦那様の優しさに触れ、無意識の内に惹かれていくリリアーナだったが記憶が戻ったら、きっと旦那様は私を嫌いだった気持ちを思いだして嫌いになってしまうだろうと信じきれずにいた。 そんな時、最愛の弟からの手紙が届かなくなり……。 記憶喪失になった騎士侯爵と訳あり奥様が使用人どころか王太子様まで巻き込んで本当の愛を見つける話。 *2018/09/16 本編完結 現在、結婚式編に向けて準備中 *本編は一人称で進みます。 *この物語はフィクションです。 *流血、暴力、虐待などの表現があります。 *無断転載は固く禁じます。
24hポイント 2,165pt
小説 448 位 / 37,373件 恋愛 165 位 / 8,718件
文字数 426,743 最終更新日 2018.10.08 登録日 2018.07.07
2