ネコヅキ

ネコヅキ

拙い文章ですがご了承下さいませ。m(_ _)m
4
 もしも、金のタマゴを産み落としたら――  容姿も年齢もそのままで、異世界へと転生を果たした『鮎沢加奈』。彼女は日課である瞑想をする為に、いつも通りに個室に置かれた白磁の器に腰掛けて意識を集中させていた。  しかし、ゴトリ。と音を立てて、器に盛られた彼女のアレは、独特の香りを放つ粘土質なモノでは無く、白銀に輝く物体だった――  週一、月一、半年に一度。出て来るアレが鉱物に変わる。という、特異な能力を与えられ、それによって数々のトラブルに巻き込まれてしまう加奈。  更に、悪夢を統べる闇の王までもが、神様の恩恵を受けた加奈の身体に狙いを定め、事態は世界滅亡へと進んでゆく。 ・産むのはタマゴではありません! お食事中の方はご注意下さいませ。 ・小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しております。 ・第7回ネット小説大賞一次選考通過作品! ・小説家になろう様にて二十五万PV突破! ・現在、まとめ・加筆作業を行っております。一話〜三話は約二千字。それ以降、三千〜四千字になる予定です。それにより、元の話とは噛み合わなくなる場合があります。ご了承下さい。
24hポイント 21pt
小説 12,653 位 / 57,699件 ファンタジー 3,194 位 / 18,895件
文字数 301,900 最終更新日 2019.08.02 登録日 2018.09.10
 むかーし昔ある所の、おっきなおっきなお屋敷に、ちっちゃなメイドさんが居ました。  ある日、近くの村にお使いに出ていると、働いていたお屋敷が何者かに襲撃されてしまいました。  屋敷の焼け跡から地下へ通じる石畳を見つけた彼女は、その場に居合わせた王女様、人気スイーツ店のマスター、同僚のメイドと共に地下へと入り、そこでミュウと名乗る伝説の最強生物と出会います。そして、ミュウの口から魔王の魂が封じられた宝玉が、盗み出されてしまった事を聞かされたのです。  こうして彼女達は、盗まれた宝玉を取り戻す為に旅立ちを決意したのでした。
24hポイント 0pt
小説 57,699 位 / 57,699件 ファンタジー 18,895 位 / 18,895件
文字数 277,182 最終更新日 2018.12.23 登録日 2017.12.03
 自らを異世界の創造者と謳う七賢人の一人、青のクレオブロスによって異世界に召喚された近藤美希は、床に映し出された自身の無残な姿を見て絶望に打ち拉がれる。 『もし、私のクエストを達成する事が出来たなら、何でも一つ願いを叶えてやろう』  そんなクレオブロスからの魅力溢れる言葉に、元の生活に戻る事を切望した美希は、彼との契約を交わして異世界ルドウェアに降り立った。  クレオブロスから言い渡されたクエストとは、現地の人々の身体に憑依して、それぞれが持つ目的をクリアし、自身のレベルを上げる事。  当初、それは非常に簡単な事だと思っていた美希は、苦悩し絶望に打ちひしがれながらも、目標に向かって着実に歩みを進めてゆく。はずが…… ◇◆◇◆◇◆◇  こちらは、小説家になろう。に掲載中の同作品の改稿版になります。ご了承下さいませ。
24hポイント 0pt
小説 57,699 位 / 57,699件 ファンタジー 18,895 位 / 18,895件
文字数 131,765 最終更新日 2018.12.02 登録日 2017.11.18
 その世界は、突如として現れい出た『魔獣』という異形の生物によって滅びを迎えようとしていた。当時の科学者達は、大気中に存在する魔素と呼ばれる物質を使って少女達を魔法少女へと変え、彼女達の活躍によって辛くも滅びを免れる事が出来た。  平和になったその後、減り続ける魔素を危惧した科学者達は、魔法少女になった女性達に元に戻るよう説得を試みるも失敗。捕縛計画を打ち立て、異世界人の力を借りて、彼女達の拘束に乗り出した。  魔素の枯渇まで後二ヶ月。それまでに九人の魔法少女を捕縛する事になってしまった運の悪い青年と、最高技術を用いて創り出された生体アンドロイドのお話である。
24hポイント 0pt
小説 57,699 位 / 57,699件 ファンタジー 18,895 位 / 18,895件
文字数 49,385 最終更新日 2018.01.08 登録日 2017.12.25
4