私のアレに値が付いた!?

 もしも、金のタマゴを産み落としたら――

 容姿も年齢もそのままで、異世界へと転生を果たした『鮎沢加奈』。彼女は日課である瞑想をする為に、いつも通りに個室に置かれた白磁の器に腰掛けて意識を集中させていた。

 しかし、ゴトリ。と音を立てて、器に盛られた彼女のアレは、独特の香りを放つ粘土質なモノでは無く、白銀に輝く物体だった――

 週一、月一、半年に一度。出て来るアレが鉱物に変わる。という、特異な能力を与えられ、それによって数々のトラブルに巻き込まれてしまう加奈。

 更に、悪夢を統べる闇の王までもが、神様の恩恵を受けた加奈の身体に狙いを定め、事態は世界滅亡へと進んでゆく。



・産むのはタマゴではありません! お食事中の方はご注意下さいませ。
・小説家になろう様、カクヨム様にも掲載しております。
・第7回ネット小説大賞一次選考通過作品!
・小説家になろう様にて二十九万PV突破!

・現在、まとめ・加筆作業を行っております。一話〜三話は約二千字。それ以降、三千〜四千字になる予定です。それにより、元の話とは噛み合わなくなる場合があります。ご了承下さい。
24hポイント 7pt
小説 18,528 位 / 76,988件 ファンタジー 4,258 位 / 22,260件