6
29歳の山咲 伸一と30歳の下田 晴美と同級生の尾美 悦子 会社の社員とアルバイト。 北海道の田舎から上京した伸一。 東京生まれで中小企業の社長の娘 晴美。 同じく東京生まれで美人で、スタイルのよい悦子。 伸一は、甲斐性持ち男気溢れる凡庸な風貌。 晴美は、派手で美しい外見で勝気。 悦子はモデルのような顔とスタイルで、遊んでる男は多数いる。 伸一の勤める会社にアルバイトとして入ってきた二人。 晴美は伸一と東京駅でケンカした相手。 最悪な出会いで嫌悪感しかなかった。 しかし、友人の尾美 悦子は伸一に興味を抱く。 それまで遊んでいた悦子は、伸一によって初めて自分が求めていた男性だと知りのめり込む。 一方で、晴美は遊び人である影山 時弘に引っ掛かり、身体だけでなく心もボロボロにされた。 悦子は、晴美をなんとか救おうと試みるが時弘の巧みな話術で挫折する。 伸一の手助けを借りて、なんとか引き離したが晴美は今度は伸一に心を寄せるようになる。 それを知った悦子は晴美と敵対するようになり、伸一の傍を離れないようになった。 絶対に譲らない二人。しかし、どこかで悲しむ心もあった。 どちらかに決めてほしい二人の問い詰めに、伸一は人を愛せない過去の事情により答えられないと話す。 それを知った悦子は驚きの提案を二人にする。 三人の想いはどうなるのか?
24hポイント 56pt
小説 7,322 位 / 53,719件 ライト文芸 201 位 / 2,295件
文字数 103,959 最終更新日 2018.12.13 登録日 2018.10.02
元麻薬取締捜査官の新庄一郎は、関東一円に勢力を誇っていた覚せい剤密売組織<ネクスト>のボスである 生田シオンを逮捕した。特異なカリスマ性を持ち、二年がかりで追い詰めての成果だった。だが、取り調べ後の帰宅中に自宅前で後ろから刺されてしまい死亡した。 白い光から目が覚めたが、そこには知らない景色が広がっていた。 事故により生死をさまよっていた高校生 新城 直哉の体に乗り移っていた。 新しく高校生として生まれ変わった新城は、学園内に蔓延る謎のチョコレートを知り、背後にある陰謀を突き止める。しかし、更にその背後にはあの<ネクスト>が関わっていることを知る。 そして肢体不自由な桂木 透子との出会いで恋に落ちるが…
24hポイント 0pt
小説 53,719 位 / 53,719件 キャラ文芸 1,329 位 / 1,329件
文字数 27,478 最終更新日 2018.09.13 登録日 2018.09.11
妻の不倫で突き付けられた夫の条件。一見安易に見えて過酷なものとも言えた。 復縁を望む妻は、果たして夫からの信頼を戻せるのか? そして待っていた夫からの仕打ちに耐えられるのか?
24hポイント 49pt
小説 7,896 位 / 53,719件 現代文学 128 位 / 2,215件
文字数 13,081 最終更新日 2018.08.28 登録日 2018.08.27
恋愛 連載中 短編
34歳の夫と28歳の妻。 結婚5年目に妻が浮気した。常に優しく大きな愛で見守ってきた夫の愛に、妻は当たり前になり気づいていなかった。刺激をよそに求めた妻だが、ある時にその浮気が夫にバレてしまう。 失って初めて分かった夫の偉大さに妻は贖罪をするため死ぬまで、夫の愛を貫くことを決める。 夫もまた離婚後も妻を愛し、完全に捨てることの出来ないジレンマに悩む。 だが、ある事件をきっかけに妻との再構築をすることに決めた。
24hポイント 0pt
小説 53,719 位 / 53,719件 恋愛 12,731 位 / 12,731件
文字数 28,333 最終更新日 2018.08.19 登録日 2018.08.14
現代文学 連載中 長編 R18
流通系ハウスクレジットカードの大手である「アールイーディーカード」の社員である山本が経営企画室に異動となり、社内社外の経営に奮闘する物語。 上司の不正や同期の妬みを、巧みに潜り抜け、会社の悪と戦う。同期の三浦から好かれ、付き合い結婚するが、体の異変に気づき末期の肝臓ガンであることを知る。 最後まで、ブレない心とメッセージを妻に残して世を去るまで、自分の心に忠実に生きる難しさを問う。
24hポイント 0pt
小説 53,719 位 / 53,719件 現代文学 2,215 位 / 2,215件
文字数 112,842 最終更新日 2018.07.20 登録日 2017.07.28
北海道の旭川市に生まれた二卵性双子の二階堂洋介と準。木工家具職人の父 進は格安家具店の進出により、会社を潰され自暴自棄になる。真面目に勤めていた進は酒とギャンブルに溺れ、とうとう格安家具店の放火により逮捕され獄中で自殺した。妻 輝美は頑として聞かなかったが、祖父母は貧困で家計が厳しく共倒れする事と、借金の返済のために輝美がいない時に勝手に里子に出してしまう。それ以来、洋介と準が会うことはなかった。二人は慶応大学に進学し、世界的医療機器メーカーのライバルとして就職する。日本国立がんセンターの担当になった時に再会するが、洋介と準の胸中にあるものは異なっていた。再会を喜ぶ洋介の思いとは真逆に、準の心は荒みきっていた。洋介に対する憎しみ・妬みであふれた準は、鉄も溶かす煮えたぎるような溶岩の心しか無く、利用できるものは何でも利用した。お互いに成績優秀で若く出世を歩むが、準は日本支社長にまで上り詰め、がんの新しい治療である温熱治療の器械を発明した会社を裏工作で株式を取得し、それを日本国立がんセンターの外科副院長の佐川と内科副院長の明智を巻き込んで導入を画策する。そのために接待も裏金も使い、そしてついには自分の恋人である一之瀬麗香も取引道具に使った。洋介はそれに対抗するすべもなく身を引いたが、準のやり方に疑問を持ち調査を始める。 それに気づいた準は、洋介の婚約者である水沢しおりに近づき、安心させたところで襲わせる計画を実行した。計画はうまく運びボロボロのしおりを守るため洋介は準から完全に手を引いた。 しかし…
24hポイント 0pt
小説 53,719 位 / 53,719件 経済・企業 142 位 / 142件
文字数 25,952 最終更新日 2018.07.03 登録日 2018.06.25
6