訳せない日本語 日本人の言葉と心

気が利く

Getty Images

> 大來尚順 著 新刊「訳せない日本語」好評発売中

人を笑顔にする根回し

日常生活において、ちょっとした相手への気遣いや思いやりで、人から感謝されることがあると思います。例えば、鉛筆を取ってと言われ、消しゴムと一緒に鉛筆を渡してあげると、「気が利く」と褒められるでしょう。実は、これは実際に私が幼い頃に、怒られてばかりいた父から、珍しく褒められたときの一つの思い出です。

その時の嬉しさがきっかけになったのかは定かではありませんが、私は今でも「気が利く」というお言葉を頂くことがあります。外国人と仕事をすることも多い関係上、よく外国人のクライアントさんとのお付き合いで接待などがありますが、料理の取り分けやお酌をしたり、様子を見てお水やおしぼりなどを頼んだりします。また、時にはちょっとした日本のお菓子や、その方の好きなお酒を手土産としてプレゼントしたり、その気配りに驚かれることもあります。

誤解を避けるためにひと言付け加えると、特にゴマを擦ったり、好かれたいという思いを持って行動しているわけではありません。ただ、相手が喜び、笑顔になってくれるのが好きなのです。ですから、サプライズをするのは大好きです。

この姿勢は、おそらく私が幼少の頃、さまざまな方が出入りするお寺で、祖母や母と一緒に訪問される方にお茶やお菓子を出したり、ちょっとした世間話や笑い話をするなどして、おもてなしをする中で培われてきたものだと思います。祖母は私に「せっかくお寺に来てもらったんじゃけ、元気になって帰ってもらわんとね」と、よく語りかけてくれていたのを覚えています。

「気が利く」の根底

ある接待の時のことですが、外国人のクライアントさんから、「You have a head on your shoulders!」と言われたことがあります。これは「気が利く」を英訳した一つの表現です。直訳すると「両肩の上に頭がある」という意味となり、この表現に混乱してしまう方も多いと思いますが、これは「賢い頭を持っているね」というニュアンスです。

他にも、「to be sensible」(思慮のある)「to be smart」(賢明な)「to be tasteful」(風流な)「to be tactful」(機転の利く)「to be thoughtful」(思いやりのある)などが「気が利く」の英訳として当てはめられるようです。

これらの表現はさまざまな角度から「気が利く」を捉えているもので、私たちのイメージする意味に何かしら触れていると思います。しかし、私は大事な視点がこれらの表現には欠けているように思えるのです。

日本語の「気が利く」とは、「心がゆきとどく」「しゃれている」(相手に対して)ことを意味しますが、大事なのはその過程です。つまり、どのようにすれば相手に心をゆきとどかせたり、しゃれたこと(服装など)ができるのかということです。

それは、第一に「相手のことを考える」ことです。この「相手のことを考える」うえで、私が大切にしていることがあります。それは、自分自身の存在意識の捉え方です。普段、多くの人は「自分」の存在を考えるとき、「自分が存在して、相手が存在する」と考え、第一に自分の存在を優先しがちだと思います。しかし、私はそうではなく「相手が存在して、自分が存在する」と考え、周りの人を優先します。

私は、「気が利く」という言葉の根底には、この意識が関わっているのではないかと思うのです。そして、この視点が英語の表現には含まれておらず、私は何か欠けているように感じてしまうのです。

ご感想はこちら

「訳せない日本語 日本人の言葉と心」 記事一覧

プロフィール

大來尚順
大來尚順

浄土真宗本願寺派 大見山 超勝寺 住職
著述家
翻訳家

1982年、山口市(徳地)生まれ。龍谷大学卒業後に渡米。米国仏教大学院に進学し修士課程を修了。その後、同国ハーバード大学神学部研究員を経て帰国。僧侶として以外にも通訳や仏教関係の書物の翻訳なども手掛け、執筆・講演・メディアなどの活動の場を幅広く持つ。2019年、龍谷大学 龍谷奨励賞を受賞。著書に『あなたは、あなた。』(アルファポリス)『超カンタン英語で仏教がよくわかる』(扶桑社) 『小さな幸せの見つけ方』(アルファポリス)など多数。

著書

訳せない日本語

訳せない日本語

大好評書籍、待望の文庫化! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息づいていると著者はいう。本書では「いた...
あなたは、あなた。

あなたは、あなた。

アルファポリス・ビジネスの人気Web連載の書籍化! 仕事、同僚、友人、家族との繋がり――。感情に縛られず、理不尽に振り回されない。見失いがちな...
小さな幸せの見つけ方

小さな幸せの見つけ方

「日常の中にある、普段は気づきにくい“幸せ”を再発見すること」をテーマとした、著者自身の実体験による24話のエッセイ。人間にとって本当の“幸せ”...
訳せない日本語

訳せない日本語

アルファポリスのビジネスサイトで大人気の連載がついに書籍化!! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息...
端楽

端楽

浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ハーバード大学研究員の経歴を持つお坊さんが、「働く」ことを仏教的な視点から解説し、人が働くことの意味と意義における...
出版をご希望の方へ