訳せない日本語 日本人の言葉と心

気が利く

Getty Images

「気を利かす」ということ

「相手が存在して、自分が存在する」という考え方は、「共生」(支えられて、共に生かされているという意味)の意識を生み、同時に自ずと周りに対して謙虚な姿勢や優しい気持ちを生みます。しかし、「自分がいて、相手がいる」という考え方は自己中心的な意識を助長し、威張った姿勢や冷たい気持ちを生みます。

この後者の考え方が強いと、どんなに自分が「気が利く」ことをしたと思っても、結果的には「気が利く」行動にはなりません。最悪の場合、相手の気分を損ねてしまうこともあります。

いい例が、あからさまなゴマすりのような行動を取る方です。端からみれば、それがあまり気持ちのいいものではないことは一目瞭然ですが、やっている当の本人は「気が利く」行為だと思い込んでおり、それを疑うことはありません。なぜならば、「自分がいて、相手がいる」と考えるが故、「やってあげる」という横柄(おうへい)な思いが強いからです。その思いは、行動、そのタイミングやスピード、その場の雰囲気など、すべてに反映されます。これでは「気が利く」ではなく、「気の押し付け」となってしまうのではないでしょうか。

私は「気が利く」と言われる方に共通することとして、「相手が存在して、自分が存在する」という考え方があると思います。そして、この考え方を支えるのが、「自分という幻から脱却」です。

そもそも「自分」というものはありません。目を閉じて、心を落ち着かせ、そのまま「自分」というもが何処にいるか指を指してみて下さい。おそらく、だれも「自分」を指させる方などいないと思います。

実は、「自分」というのは言葉の響きだけなのです。この世の中には、何一つとして、独立して存在しているものはありません。みんな繋がりあって形成され存在しています。その繋がりで形成されている一つのものを、私たちは仮に「自分」と読んでいるのです。この物事の捉え方を、仏教では「縁起」(えんぎ)といいます。私は、「気が利く」という言葉の根底には、この「縁起」の考え方から生まれる「共生」の意識が流れ、私たちを自然と突き動かすことを意味していると思っています。

そして、「気が利く」の「気」とは、「注意」「意識」ではなく、「優しさ」「思いやり」が当てはまると思います。また、「利く」とは「働きが現れること」「発揮すること」を意味します。これらを踏まえると、「気が利く」は英語で「to embody the gentle heart in terms of realization of mutually sustaining life」と説明できるのではないかと思いますが、長文になってしまいます。

改めて、短い日本語の言葉の中に凝縮された深い言葉の意味を感じます。


> 大來尚順 著「端楽」好評発売中

ご感想はこちら

「訳せない日本語 日本人の言葉と心」 記事一覧

プロフィール

大來尚順
大來尚順

浄土真宗本願寺派 大見山 超勝寺 住職
著述家/翻訳家

1982年、山口市(徳地)生まれ。龍谷大学卒業後に渡米。米国仏教大学院に進学し修士課程を修了。その後、同国ハーバード大学神学部研究員を経て帰国。僧侶として以外にも通訳や仏教関係の書物の翻訳なども手掛け、執筆・講演・メディアなどの活動の場を幅広く持つ。2019年、龍谷大学 龍谷奨励賞を受賞。著書に『あなたは、あなた。』(アルファポリス)『超カンタン英語で仏教がよくわかる』(扶桑社) 『小さな幸せの見つけ方』(アルファポリス)など多数。

著書

楽に生きる

楽に生きる

アルファポリスビジネスの人気連載「人生100年時代を幸せに生きる明日への一歩」が、「楽に生きる」という書名で早くも書籍化!! 何気ない日常の中...
訳せない日本語

訳せない日本語

大好評書籍、待望の文庫化! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息づいていると著者はいう。本書では「いた...
あなたは、あなた。

あなたは、あなた。

アルファポリス・ビジネスの人気Web連載の書籍化! 仕事、同僚、友人、家族との繋がり――。感情に縛られず、理不尽に振り回されない。見失いがちな...
小さな幸せの見つけ方

小さな幸せの見つけ方

「日常の中にある、普段は気づきにくい“幸せ”を再発見すること」をテーマとした、著者自身の実体験による24話のエッセイ。人間にとって本当の“幸せ”...
訳せない日本語

訳せない日本語

アルファポリスのビジネスサイトで大人気の連載がついに書籍化!! 正確に英語で訳せない日本語にこそ、実は日本古来の文化や習慣、日本人の「心」が息...
端楽

端楽

浄土真宗本願寺派の僧侶であり、ハーバード大学研究員の経歴を持つお坊さんが、「働く」ことを仏教的な視点から解説し、人が働くことの意味と意義における...
出版をご希望の方へ