封印を解いたら、吸血鬼に結婚を迫られました。

幼いある日、薔薇屋敷と呼ばれるお屋敷の、人の寄り付かない開かずの間で、ダイアナは見ず知らずの青年に出会った。

そんなことも忘れた11年後、ふとしたきっかけで再会を果たす。

「ダイアナ? お前、本当にあのダイアナか?」
「そう、だけど」
「好きだ」
「え?」
「タイプだ。結婚してくれ」

見た目のまったく変わらない彼は実は、齢300年の吸血鬼だった。
そしてなぜかいま、求婚されています……。
24hポイント 7pt
小説 24,606 位 / 95,899件 恋愛 10,086 位 / 26,412件