無能な婚約者はいりません

ルティカーナはいい加減限界だった。
自分のミスを他人に押し付け、そのくせプライドだけは天にものぼり、褒められたがりでいちいち上から目線で謎のアドバイスをかましてくる婚約者が。
「無能な婚約者なんていりません!なんでもいいから婚約破棄してくれないかしら!?」
限界を迎えたルティカーナが行ったのは鏡に愚痴をぶちまけることだった。
「鏡よ鏡、私って本当にリヴェルト様と結婚するの?本当に?絶対嫌なのだけど」
そう言ったルティカーナに、鏡は突然割れてーーーある単語を指し示した。その単語から導き出したのは仮面舞踏会。
仮面舞踏会にルティカーナが行くと、そこで出会ったのは半年前に異世界から訪れた、聖女の恋人だという男だった。
24hポイント 71pt
小説 10,430 位 / 105,456件 恋愛 4,851 位 / 29,721件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

最強の悪役令嬢

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:42pt お気に入り:1324

皆さん勘違いなさっているようですが、この家の当主はわたしです。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:316050pt お気に入り:9024

約束嫌いな私がしてしまった、してはいけない約束

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:6043pt お気に入り:2091

奪い取るより奪った後のほうが大変だけど、大丈夫なのかしら

恋愛 / 完結 24h.ポイント:235884pt お気に入り:7324

魔女転生〜転生したらご主人様になりました!?〜

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:14pt お気に入り:86

推しに婚約破棄されたとしても可愛いので許す

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:30040pt お気に入り:5805