朝顔連歌 ときわ野

座敷持のときわ野は、ただ勤めを淡々とこなす日々を送っていた。
少し引っ掛かるのは、とある客のこと。
彼とはこの半年、一度も床入りが無いのだった…。
三部作の第二話。
24hポイント 0pt
小説 140,740 位 / 140,740件 歴史・時代 1,595 位 / 1,595件